海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > ジオラマ京都JAPAN

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月 3日

ジオラマ京都JAPAN


ジオラマ京都JAPAN

冬の間、閉まっていた「ジオラマ京都JAPAN」が、三月一日よりオープンしました。

□ ジオラマ京都JAPAN
□ 京都市右京区嵯峨天龍寺車道町 
□ 075-871-3997
□ 営業時間     AM9時00分 〜PM 17時30分
□ 営業期間     3月1日~12月29日
□ 入場料      大人500円 子供300円
□ 交通アクセス JR山陰本線・嵯峨野線 嵯峨嵐山駅下車 トロッコ嵯峨駅隣接


嵐山ジオラマJapan・Canon 010.jpg

「ジオラマ京都JAPAN」は、嵐山・トロッコ嵯峨駅に隣接する
大きな建物で、日本最大級の鉄道ジオラマです。

広い場内には、京都の町並みが広がっていて 新幹線や電車が走っています。
路線の長さは2.7キロ。大きくて広いです。

まずは、京都タワーと東寺。

嵐山ジオラマJapan・Canon 071.jpg


清水寺。

今日も沢山の人が、お参りに来られている様子が再現されています。

嵐山ジオラマJapan・Canon 062.jpg

清水の舞台。
去年の晩秋は、美しい紅葉が見れました。

嵐山ジオラマJapan・Canon 059.jpg


場内には、ジオラマが上から見られる様に 中央には架け橋が架かっています。

架け橋から見た銀閣寺。
白い砂の庭園。銀沙灘(ぎんしゃだん)の砂紋まで表現されています。
右上の丸い盛り砂は、向月台。

ジオラマJapan・Lumix 032.jpg

京都御所。

朱塗りの色が鮮やかです。


ジオラマJapan・Lumix 019.jpg

建物も門も、細密に作られています。


ジオラマJapan・Lumix 022.jpg


龍安寺。

小宇宙を思わせる禅の庭園。


嵐山ジオラマJapan・Canon 039.jpg


駅のホーム。
人のしぐさまで 細やかです。


嵐山ジオラマJapan・Canon 029.jpg

この日は、オープンの日で ジオラマや電車の具合など
係りの人が、調整しておられました。

特撮・円谷プロのウルトラマンの様な(^.^)世界。


嵐山ジオラマJapan・Canon 075.jpg

こちらは、道路事故。
安全運転が一番ですね。


嵐山ジオラマJapan・Canon 032.jpg

桂離宮。
平安時代・・桂は観月の地。
離宮には、美しい月が浮かんでいたのでしょうね。
庭園巡りの太鼓橋が見えます。

ジオラマJapan・Lumix 030.jpg


夜景。
街には、明かりが灯り
天井には星空が、表現されていました。

ジオラマJapan・Lumix 063.jpg


夜景の、清水寺・三重塔と京都タワー

ジオラマJapan・Lumix 061.jpg

新幹線が走って行きます。


嵐山ジオラマJapan・Canon 072.jpg

「ジオラマ京都JAPAN」。
広い場内に作られた楽しい世界です。

鉄道好きな方も、そうでない方にも お勧め所です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2013年3月 3日
« 前の記事「お菓子の二条城」へ
»次の記事「西国街道ひな人形めぐり」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
隨心院
夜の北野天満宮
智積院の梅
梅と河津桜
伏見・酒蔵の町
東山花灯路2012
城南宮の枝垂れ梅
祈りの灯り
雨の北野天満宮
平安神宮・神苑
びわ湖風景

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集