海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 勝竜寺城とガラシャさん

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月 7日

勝竜寺城とガラシャさん


メール プリント もっと見る

勝竜寺城とガラシャさん

長岡京市の勝竜寺城です。今は公園になっています。

○ 京都府長岡京市勝竜寺13-1
○ JR京都線「長岡京駅」から徒歩10分
○ 料金  無料 
○ 休館日  毎週火曜

3.3 016.jpg


冬の日を越えて 梅の蕾は膨らんで来ています。

勝竜寺城・・・・と言いますと。 細川ガラシャさん(1563~1600年)。


3.3 013.jpg

明智光秀の三女で、名は 玉(たま)。

戦国の世で悲劇の人生を送った 細川ガラシャさんが 細川忠興と新婚時代を
過ごしたのが勝竜寺城でした。

3.3 014.jpg

1582(天正10)年、父・明智光秀が本能寺の変を 起こし、
山崎の合戦で豊臣秀吉に敗れると、秀吉に遠慮した夫の忠興によって幽閉されます。

1584年。秀吉の計らいで忠興と珠は復縁し、忠興のもとに戻ります。

3.3 006.jpg

キリスト教に入信したのは1587年。
ガラシャの洗礼名もその時から。

関ヶ原の戦いに際し、石田三成から人質として大坂城に入ることを強要されますが
承知せず、家老の小笠原小斎に胸を突かせて、亡くなられています。


3.3 001.jpg


細川ガラシャさん。  37年の短い生涯。

才にも文にも長けた、美しい女性だったそうです。

辞世の句。 

「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」


梅宮大社 030.jpg

四百年の時を越えて 心に届く言葉。

勝竜寺城の梅・・・・もうすぐ咲いて来ます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2013年3月 7日
« 前の記事「京うどん・岡北さん」へ
»次の記事「名画の西陣織り」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    天然記念物「逆さ銀杏」が見頃「西本願寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    隨心院
    夜の北野天満宮
    智積院の梅
    梅と河津桜
    伏見・酒蔵の町
    東山花灯路2012
    城南宮の枝垂れ梅
    祈りの灯り
    雨の北野天満宮
    平安神宮・神苑
    びわ湖風景

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集