海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 平安神宮・紅しだれコンサート

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年4月12日

平安神宮・紅しだれコンサート


平安神宮・紅しだれコンサート

平安神宮・神苑では10日(水)~13日(土) の四日間、 
「紅しだれコンサート2013-こころのふるさと-」が行われています。
 
                (京都新聞社主催、JR東海特別協賛)

平安神宮.jpg


『2013紅しだれコンサート』
          
◎会場: 平安神宮(京都市左京区岡崎西天王町) 
◎時間: 午後6時15分~午後9時(最終入場は午後8時30分・雨天決行)
◎入 場 料: 1人 2,000円  (前売 1,700円)

出演アーティスト。

▽10日(水)東儀秀樹(雅楽師)

▽11日(木)真辺雄一郎(ギター)

▽12日(金)角家道子(フルート)

▽13日(土)紅しだれカルテット(弦楽)
 

Sakura 093.jpg

神苑には、コンサート時間の少し前に入りましたから 
見事に咲いた満開の桜を眺めながら過しました。

「わぁ~」 「すごい~」 神苑のアチコチから歓声が聞こえていました。


神苑に咲く枝垂れ桜。正式名称は「八重紅枝垂桜」。
色は紅色・・花は八重。桜は、空を覆う様に咲いています。

八重咲きなので、開花から2週間見ごろが続くと言われています。
咲き始め、満開、散り際と、それぞれに風情があり、5分から7分咲きのころに
紅の色が最も濃くなるそうです。

img_1148385_34816534_5.jpg


自然に咲く桜は、虫や鳥たちに花粉を運んでもらえる様に、上を向いて咲いていますが、
枝垂れ桜は下を向いて咲いています。
それは、人の手で交配され育てられた桜ですから、
見る人の顔に向いて、咲いている様にも見えます。


Sakura 160.jpg


神苑の「八重紅枝垂桜」は、京都の近衛家の邸内にあったものが、
百年の時を越えて、今日に至っているそうです。

文豪・谷崎潤一郎さんは、小説「細雪」の中で、

夕空に広がる紅の雲の様と、形容した桜・・・・

「一年待ち続けた」 桜・・・・と言う情緒豊かな言葉で表わされています。

Sakura 132.jpg


桜を見ながら歩いていると、東神苑・貴賓館の舞台から、
東儀秀樹さん奏でる笙(しょう)が聞こえて来ました。

Sakura 197.jpg


東儀さんは桜をイメージし、紅色のひとえに
白の狩衣をあわせた装束で、舞台に立たれていました。

曲目は、

組曲「惑星」の「木星」(ジュピター)。
一青窈さんの「ハナミズキ」。
唱歌の「ふるさと」
オリジナル曲の「光り降る音」など6曲を披露。
ラストは「トゥーランドット」のアリア「誰も寝てはならぬ」。 

Sakura 123.jpg


紅しだれコンサートは、神苑の庭園を巡りながら聞くコンサートで、
座る椅子や席はありません。

この夜 約3600人の方が、栖鳳池(せいほう池)の畔で聞かれていました。

Sakura 142.jpg

今年で25回目を迎えた、紅しだれコンサート。
僕は四回目。
去年もその前も、池の畔で音楽を聞いていた事を思い出しました。

Sakura 180.jpg

  「一年待ち続けた」 桜・・・・・・八重紅枝垂桜、咲く神苑。 

   東儀さんの素晴らしい音楽は、春の夜空に響いていました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2013年4月12日
« 前の記事「御室桜」へ
»次の記事「常照寺・吉野太夫花供養」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
山吹の花
雨宝院と半木の道の桜
比叡山ドライブウェイの桜
春の義理・御室桜
龍安寺の桜
北野線の桜
祇園枝垂桜
交通事故
東寺の桜
夜桜
舞妓さんと桜
春の御所
立本寺の桜
六角堂の桜
高雄パークウェイ

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集