海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 大原・宝泉院 緑色の世界

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年6月10日

大原・宝泉院 緑色の世界


メール プリント もっと見る

大原・宝泉院 緑色の世界

大原・三千院の近く、宝泉院に向いました。
正面に見えるのは勝林院。

宝泉院 003.jpg

勝林院から、左側に少し入ると 宝泉院に続く小道。


宝泉院 006.jpg


この辺りは、山に囲まれて静かな時間が流れています。

宝泉院 059.jpg

「さびしさに 宿をたち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮」。
                      良暹法師    生没年未詳(990頃~1060頃)

この和歌は、良暹法師が比叡山延暦寺から、大原の里に移り住んだ頃に
詠まれたものと言われています。
 
LUMIX宝泉院 017.jpg

大原のひっそりとした山に佇む宝泉院は、隣の勝林院の塔中寺院で、
かつては修行僧が住む場所でした。

LUMIX宝泉院 014.jpg

長い歴史の中では、無住寺の時も長く、荒れた庭に
堂々と五葉の松が立っていたそうです。

その様子を、明治~昭和期の詩人 高浜虚子は、
    
「大原や 無住の寺の 五葉の松」と、詠んでいます。

宝泉院 038.jpg

1999年・夏・JR東海「そうだ京都に行こう」の中で、
宝泉院は、紹介されています。

宝泉院 007.jpg


ポスターの言葉は・・・・・・・

  「三千院。実行院などの寺院を訪ね歩く道のつきあたりに、ひっそりと姿を現します。
   柱を額縁に見立てた額縁庭園で、ゆっくりと目と耳を遊ばせて下さい。
   鮮やかな緑と樹齢七百年の五葉松。
   縁側で頂く御抹茶と和菓子。
   この庭園の名は、盤垣園(ばんかんえん)「立ち去りがたい」と言う意味だそうです。
   京都市営・京都バス大原下車徒歩10分。
   この辺り、畑や茅葺屋根も残るまさに「大原の里」です。」

                        ・・・・・・と綴られていました。

宝泉院 040.jpg

書院からの眺め。
    
    詩人、高浜虚子が詠んだ、大きな五葉松が見えます。


宝泉院 046.jpg


こちらは、青もみじと竹林・・・・・・

宝泉院 050.jpg


額縁庭園の景色。
竹林後方には、大原の山々。

宝泉院 016.jpg


大原・宝泉院 

〇 京都市左京区大原勝林院町187

〇 拝観料 一般800円  (お抹茶・和菓子付き)

〇 拝観時間 : 9:00~17:00

宝泉院・・・・鮮やかな緑色の世界が広がっています。


                        

                            ※ そうだ京都に行こう、の言葉お借りしています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2013年6月10日
« 前の記事「西陣の美」へ
»次の記事「100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    遠くて近い歴史に触れる所「舞鶴引揚記念館」。
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    かき氷
    二尊院
    直指庵
    洛西巡り
    神泉苑
    三室戸寺
    平城宮
    水無月の花

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集