海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 緑の中の千二百羅漢

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年6月25日

緑の中の千二百羅漢


緑の中の千二百羅漢

蒸し暑い日が続いています。
嵯峨野の一番奥、清滝トンネル手前にある寺院、愛宕念仏寺。

晩秋には、美しい紅葉が広がっていました。

水無月の景色 060.jpg


愛宕念仏寺は、天台宗の寺院。
別名・千二百羅漢の寺とも言われ、境内には千二百の羅漢様がおられます。

水無月の景色 015.jpg


愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

〇〒616-8439 京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
〇拝観時間 8:00~17:00 休日:無し
〇拝観料 300円
〇交通 京都バス 愛宕寺前(おたぎでらまえ)バス停から徒歩スグ

水無月の景色 045.jpg


雨に洗われた青もみじが鮮やかです。
この時期、千二百体の羅漢様は、降り続く雨と湿度で苔に覆われています。

深い緑の中、紫陽花が咲いていました。

水無月の景色 027.jpg

愛宕念仏寺の「千二百羅漢」。
昭和56年、仁王門の解体復元修理を行った際、寺門興隆を願って
境内に羅漢の石像を充満させたいと発願したのが始まりだそうです。
一体一体すべてが一般の参拝者自らの手によって彫られたもので、
発願10年後には1,200体となり「千二百羅漢」と呼ぶようになりました。

水無月の景色 059.jpg

ここに流れる独特の時間。

苔に包まれた羅漢様は、様々な表情をされています。

水無月の景色 039.jpg


「羅漢」とは、インド原語サンスクリット語から伝わる、
仏法を守護する聖人の意味だそうです。

水無月の景色 017.jpg

愛宕念仏寺。
緑の中、静かな時間が流れています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2013年6月25日
« 前の記事「100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ」へ
»次の記事「京の夏はecoサマーで・・・・」 へ
京都特派員 新着記事
すばらしい文化財に出会える「金戒光明寺・ライトアップ」
マスク姿で見る紅葉真っただ中の「嵐山」
無料でもこんなに美しい紅葉! お金をかけない紅葉巡り「嵐山・嵯峨」エリア
2020年の紅葉写真はここ!「常寂光寺」
京都で一番早く紅葉する「高雄・神護寺」
静かに禅の世界広がる「龍安寺・石庭」
紅白の萩の花が見頃「常林寺」
中秋の名月と「東寺・五重塔」
1年前の同じ月に投稿された記事
かき氷
二尊院
直指庵
洛西巡り
神泉苑
三室戸寺
平城宮
水無月の花

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集