海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 仁丹商標入り町名表示板

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月 1日

仁丹商標入り町名表示板


仁丹商標入り町名表示板

西陣で見かけた「仁丹商標入り町名表示板」。


「仁丹商標入り町名表示板」は、四つ辻や町境の建物外壁などに設置されています。
 縦90・5センチ、横14・5センチで、達筆な黒字で掲示位置の住所が表記され、
 下部に森下仁丹の商標「大礼服マーク」が付いています。

仁丹 004.jpg

仁丹。。。。懐かしい名前です。


(仁丹は、1905年(明治38年)に「懐中薬」として発売されました。
 16種類の生薬を配合して丸め、銀箔でコーティングした丸薬です。)

仁丹は、大礼服姿の「将軍マーク」が有名です。
実際には、軍人ではなく外交官をイメージしたデザインだそうです。


仁丹 002.jpg

「仁丹商標入り町名表示板」は、1893年創業の医薬品会社「森下仁丹」(大阪市)が
 約100年前に広告を兼ねて設置し始めたとされ、同社100年史には
 「明治43年(1910年)ごろ、大阪、東京、京都、名古屋で始まり、
 全国津々浦々に広がった」とあります。

 しかし、同社の資料は米軍の空襲で焼かれ、詳細は不明。
 かつて、全国展開した「仁丹商標入り町名表示板」。
 現在は、京都の市街地以外ではほとんど残っていないそうです。
 
 こちらの↓表示板は、上京区の区が旧字体です。


仁丹 003.jpg

空襲や開発から逃れてきた「仁丹商標入り町名表示板」。
京都の町に現存する数は、740点だそうです。
町並み同様に、大切に残して欲しいと思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2013年9月 1日
« 前の記事「素晴らしい建築と伝統工芸。京都迎賓館」へ
»次の記事「朱色の回廊。千本鳥居」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
東寺と月
鹿王院
高瀬川船まつり
竹田城跡
京造ねぶた
九月のもみじ
東山夜景
嵐山・時雨殿
伏見の酒
錦市場
九月

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集