海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 仁丹商標入り町名表示板

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月 1日

仁丹商標入り町名表示板


メール プリント もっと見る

仁丹商標入り町名表示板

西陣で見かけた「仁丹商標入り町名表示板」。


「仁丹商標入り町名表示板」は、四つ辻や町境の建物外壁などに設置されています。
 縦90・5センチ、横14・5センチで、達筆な黒字で掲示位置の住所が表記され、
 下部に森下仁丹の商標「大礼服マーク」が付いています。

仁丹 004.jpg

仁丹。。。。懐かしい名前です。


(仁丹は、1905年(明治38年)に「懐中薬」として発売されました。
 16種類の生薬を配合して丸め、銀箔でコーティングした丸薬です。)

仁丹は、大礼服姿の「将軍マーク」が有名です。
実際には、軍人ではなく外交官をイメージしたデザインだそうです。


仁丹 002.jpg

「仁丹商標入り町名表示板」は、1893年創業の医薬品会社「森下仁丹」(大阪市)が
 約100年前に広告を兼ねて設置し始めたとされ、同社100年史には
 「明治43年(1910年)ごろ、大阪、東京、京都、名古屋で始まり、
 全国津々浦々に広がった」とあります。

 しかし、同社の資料は米軍の空襲で焼かれ、詳細は不明。
 かつて、全国展開した「仁丹商標入り町名表示板」。
 現在は、京都の市街地以外ではほとんど残っていないそうです。
 
 こちらの↓表示板は、上京区の区が旧字体です。


仁丹 003.jpg

空襲や開発から逃れてきた「仁丹商標入り町名表示板」。
京都の町に現存する数は、740点だそうです。
町並み同様に、大切に残して欲しいと思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2013年9月 1日
« 前の記事「素晴らしい建築と伝統工芸。京都迎賓館」へ
»次の記事「朱色の回廊。千本鳥居」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    遠くて近い歴史に触れる所「舞鶴引揚記念館」。
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    東寺と月
    鹿王院
    高瀬川船まつり
    竹田城跡
    京造ねぶた
    九月のもみじ
    東山夜景
    嵐山・時雨殿
    伏見の酒
    錦市場
    九月

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集