海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 森嘉さんのお豆腐。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月 3日

森嘉さんのお豆腐。


森嘉さんのお豆腐。

嵐山、清涼寺近くの、お豆腐屋さん「森嘉」さんです。
創業は安政年間で、150年以上の歴史をもつ老舗です。
天龍寺をはじめ、各本山や この界隈の湯豆腐屋さんの大半が
ここの豆腐を使っていると言われています。
森嘉さんの豆腐は、柔らかいのにコシがあり、なめらかです。
それは、大豆へのこだわりや、嵐山の地下水が使われている事や
地釜に薪で炊く事など、様々な努力が美味しい豆腐になっている様です。

秋の日 003.jpg


森嘉さんの豆腐は、川端康成さんの小説『古都』(昭和36年)の中に
登場し全国的に有名になりました。

また、小説家・司馬遼太郎さんは、週刊朝日『街道をゆく』(昭和46年)の中で
「日本文化を食っている気がしてくる」と感嘆されています。


秋の日 004.jpg


嵯峨豆腐「森嘉」 〒616-8447 京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町42

〇 定休日 水曜日定休  営業時間 8時~18時
〇 白豆腐1パック(2丁分入・1パック)400円 油揚げ1枚 200円
  飛龍頭(ひろうす)1個 200円 

秋の日 005.jpg

彼岸過ぎて、涼しくなって来ました。
これからの季節。湯豆腐が美味しい季節です。

嵐山に来られた時は、保冷バック片手に森嘉さんに寄ってみて下さいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年10月 3日
« 前の記事「「ピンクリボンキャンペーン」清水寺。」へ
»次の記事「十月初めの永観堂。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
高桐院
岡崎ときあかり
しょうざんリゾート・京都
コスモス
鞍馬の火祭り
高台寺
朝の八坂の塔
建仁寺

法然院
詩仙堂
芸舞妓の衣装展
夜の渡月橋
雲龍院
京のおすすめ
フジバカマ
十月の朝

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集