海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 十月初めの永観堂。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月 4日

十月初めの永観堂。


十月初めの永観堂。

左京区、もみじの美しい永観堂。境内には、三千本のもみじがあります。

「永観堂」

◎〒606-8445 京都市左京区永観堂町48

◎ JR京都駅から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分。
   JR京都駅から市バス100系統で「東天王町」下車、徒歩8分。
   京阪電車「三条」から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分。

◎ 拝観料 一般 600円 小・中・高生 400円


永観堂 100.jpg


十月初めの永観堂。青もみじが、陽射しの中に揺れていました。
青もみじは、これから朝晩の冷え込みと共に色付き始めるでしょうね。


永観堂 049.jpg

永観堂は、平安時代初期に建てられ 承暦時代の頃に(1077年頃)
永観律師が 住職となりました。
永観律師は 貧しい人や病気の人に慈悲の心で接し、徳を施し 
多くの人から慕われました。
永観律師が亡くなった後、永観律師を慕う多くの人から この寺院を、
永観堂と呼ぶ様になり今日に到っています。

永観堂 010.jpg


永観堂では、『今月の言葉』があります。

永観堂 035.jpg

「かんしゃくの くの字をすてて 日を過ごせ」

「ニッコリ笑えば 鏡も笑う」

永観堂 037.jpg

「苦労も人生の花」

「昨日を追うな 明日を頼むな 今日に生きよ」

 
永観堂 064.jpg

「人生とは 会っては別れ 別れては また会うもの」

「言ってみたい 言われてみたい ありがとう」
永観堂 079.jpg

十月初めの永観堂。
秋の陽射しの中、青もみじは、これからの色付く時を待っていました。

永観堂 098.jpg


寺院の言葉・・・『帰る時 来た時よりも 美しく』。 
この日、美しい景色と心を 頂いて来ました。


               ※永観堂『今月の言葉』を、お借りしています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2013年10月 4日
« 前の記事「森嘉さんのお豆腐。」へ
»次の記事「一乗寺「圓光寺」。額縁庭園の眺め。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
高桐院
岡崎ときあかり
しょうざんリゾート・京都
コスモス
鞍馬の火祭り
高台寺
朝の八坂の塔
建仁寺

法然院
詩仙堂
芸舞妓の衣装展
夜の渡月橋
雲龍院
京のおすすめ
フジバカマ
十月の朝

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集