海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 高桐院・時を越えて届く言葉。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月21日

高桐院・時を越えて届く言葉。


高桐院・時を越えて届く言葉。

雨の大徳寺・高桐院。
秋になると、ここに来てしまいます。
雨の高桐院 056.jpg

紅葉には、まだ少し早くて 青もみじ覆う参道も
雨に濡れています。

雨の高桐院 065.jpg

高桐院は、戦国の時代を生きた細川忠興とその妻ガラシャが眠る
細川家の菩提寺。
雨の高桐院 022.jpg

高桐院は、『そうだ京都に行こう』1996年・秋に紹介されています。 
ポスターの言葉は、
 『大徳寺の数十もの諸堂塔が並ぶ境内は、寺町と言った雰囲気です。
  二十一の塔頭の中でも高桐院の書院は、千利休の邸宅を移築したと 
  言われるだけあって簡素ながらも気品に満ちています。
  紅葉が深まり、やがて散り始める頃ここの絵画的空間は 
  ピークを迎えます。散紅葉と言う日本語を、実感する瞬間です。』 
                ・・・・・・と 綴られていました。
高桐院  楓の庭.jpg

静かに降る雨。
静寂の時が流れています。
赤もうせんと、縁側の向こうは「楓の庭」。
雨の高桐院 036.jpg

一枚の絵の様な景色の中・・・・戦国と言う時代を生きた、
ガラシャさんの生涯を思いました。
雨の高桐院 032.jpg

細川ガラシャさん。(1563~1600年) 明智光秀の三女で、名は(たま)。
キリスト教に入信したのは1587年。
ガラシャの洗礼名は、その時から。
戦国の荒波の中、関ヶ原の戦いに際し、石田三成から人質として
大坂城に入ることを強要されますが 承知せず、家老に胸を突かせて、
亡くなられています。
雨の高桐院 028.jpg

ガラシャさん、37歳でした。
才にも文にも長けた、美しい女性だったそうです。
辞世の句
「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」
 四百年の時を越えて届く言葉。
雨の高桐院 072.jpg


高桐院。もうすぐ紅葉が始まります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2013年10月21日
« 前の記事「大原念仏寺のお地蔵様。」へ
»次の記事「嵐山渓谷、大悲閣・千光寺からの眺め。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
高桐院
岡崎ときあかり
しょうざんリゾート・京都
コスモス
鞍馬の火祭り
高台寺
朝の八坂の塔
建仁寺

法然院
詩仙堂
芸舞妓の衣装展
夜の渡月橋
雲龍院
京のおすすめ
フジバカマ
十月の朝

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集