海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 嵯峨鳥居本の紅葉。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月15日

嵯峨鳥居本の紅葉。


メール プリント もっと見る

嵯峨鳥居本の紅葉。

嵐山から愛宕街道に入り、奥に進んで行きますと嵯峨鳥居本に着きます。
ここには、瓦屋根と茅葺屋根の風情ある景色が広がっています。

奥嵯峨 078.jpg


鮎の宿の、つたやさん。

奥嵯峨 120.jpg

こちらは、鮎の平野屋さん。
赤いもうせんが映える平野屋さんの上には、
色付いたもみじが見えました。

奥嵯峨 061.jpg

愛宕街道と嵯峨鳥居本の紹介のぺージには、素敵な詩が載っています。

「京都の隅の,さらに少し奥のとこ」 何度目かの京都。
 玄関口の京都駅から電車で15分程(車なら30分くらいだろうか)
 行くと,観光名所の嵐山。そこからさらに少し奥に行ってみる。
 ちょっと上り坂だけど,車ですっと行くよりも、
 ゆっくり歩くのが似合うとこ。
 賑やかな観光地を抜けて、ほんのちょっと坂道を進むと、
 あんまり知られずひっそりと,京都・嵯峨鳥居本はそこにある。

奥嵯峨野・紅葉 036.jpg

嵯峨鳥居本の紅葉。
染まりはじめた もみじが鮮やかです。
朱色 黄色 茜色・・・美しい色の世界が
広がっています。

奥嵯峨 076.jpg

もう一つの鳥居本の紹介の言葉・・・・・

「ゆっくりと歩きたい」ここにはなんにもない。
 ただただ時間がある。
 じっくりと培われた なんにもない ここにしかない時間。
 あっと言う間に過ぎる日々の、ふと ぼんやり雲を眺める様な。
 あの余韻みたいな感じがここにはある。
 古い町並みが残る街道。
 愛宕山に続く一本の道。行って帰る、ただそれだけだけど
 おんなじ様で違う様な。ずっと昔もたった今もおんなじ様な。
 そんな時間を、ゆっくりと歩きたい。


奥嵯峨 071.jpg

嵯峨鳥居本・・・・美しい紅葉の世界が広がっています。


                 ※嵯峨鳥居本、紹介の言葉お借りしています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2013年11月15日
« 前の記事「南禅寺・天授庵の紅葉。」へ
»次の記事「紅葉の中の石仏様と羅漢様。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    二尊院
    金戒光明寺の紅葉
    竹の寺
    化野念仏寺
    東寺
    西本願寺の銀杏
    南禅寺
    金閣寺
    八瀬・瑠璃光院
    善峰寺
    嵯峨野
    常照寺
    等持院
    真如堂
    大覚寺・真紅の水鏡
    舞妓さん
    高雄・神護寺
    三千院
    朝の嵐山
    源光庵
    京都御所
    青蓮院

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集