海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > はらはらと紅葉舞う、祇王寺。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月 5日

はらはらと紅葉舞う、祇王寺。


メール プリント もっと見る

はらはらと紅葉舞う、祇王寺。

嵯峨野の奥、祇王寺の紅葉景色。
祇王寺には、何度も寄せて頂いていますが、紅葉から落葉の時には初めてです。
見上げると、もみじと竹林が空を覆う様に広がっています。


《祇王寺》

◎  JR嵯峨嵐山駅から徒歩約25分。 京福電鉄嵐山駅から徒歩約25分。
    阪急電鉄嵐山駅から祇王寺へは徒歩約35分。
◎  拝観時間 AM9時-PM5時 ◎ 拝観料 三百円


散り紅葉・2013 125.jpg

祇王寺は こじんまりとした尼寺で、行く度にその狭さに驚きます。
『悲恋に泣いた、白拍子・祇王ゆかりの草庵・祇王寺』とも言われ・・
平家物語に登場する白拍子(舞いを踊る人)の
祇王・祇女・母・仏御前が念仏に専念した尼寺です。

散り紅葉・2013 053.jpg

今から遠い時代。
平安時代の嵯峨野のこの辺りは、静寂そのものだったと思います。
祇王寺から近い所に、化野念仏寺がありますが・・・・
平安時代のこの辺りは、風葬の地で、あまりの光景を見かねた空海が、
化野念仏寺を建て無縁仏を埋葬したと言われています。

散り紅葉・2013 048.jpg


祇王寺の深秋景色。
散りもみじが絨毯の様です。


散り紅葉・2013 116.jpg

ここには長い時を越えて語られる もう一つの 平家物語があります。

その物語は・・・・
祇王は、平清盛の寵愛と手厚い保護を受けていましたが・・・ある日、
仏御前という新しい白拍子(舞いを踊る人)が現れると、平清盛は 
すっかり魅了されてしまいました。
祇王は、心変わりした平清盛を見て、一句の歌を残して去って行きました。

『萌出るも枯るるも同じ野辺の草 何れか秋にあはで果つべき』 

祇王は嵯峨野のこの地で 妹の祇女・母と共に仏門生活に入りました。

散り紅葉・2013 106.jpg


時が過ぎた日、この庵を訪ねて来た女性がいました。
それは祇王の後、平清盛から寵愛を受けていた仏御前。


散り紅葉・2013 060.jpg

仏御前は祇王が書き残した歌を見て、この地に訪ねて来たのでした。
そして、自らの非を侘びました。詫びた仏御前は、かぶっていた衣を取ると、
髪を落とした尼の姿でした。
祇王は、その姿に胸を打たれ、仏御前を許し、妹の祇女・母
仏御前と共に、この地で念仏一途の生活に入りました。

散り紅葉・2013 087.jpg

その時、祇王21歳 妹の祇女19歳 母 45歳 
仏御前は17歳だったそうです。


散り紅葉・2013 112.jpg

奥嵯峨野は、自然の美しい所ですが苔むした草庵で暮らすには 
あまりに若い年齢ですね。


散り紅葉・2013 079.jpg

平家物語を語る琵琶法師の言葉は

『祗園精舎の鐘の声・・・・諸行無常の響あり沙羅雙樹の花の色・・・
 盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし』


はらはらと、散るもみじ。
深い秋景色の中に、祇王達が歩んだ平家物語が浮かんで来ました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2013年12月 5日
« 前の記事「竹と楓の景色、洛西地蔵院。」へ
»次の記事「京都駅ビル・Xmasツリーと大階段イルミネーション。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    大晦日
    菜の花
    ちりめん細工
    Xmas
    光の噴水
    京手ぬぐい
    京都イルミエール
    西陣の飴屋さん
    絵馬
    嵐山花灯路・渡月橋辺り
    嵐山花灯路・竹林の小道
    京都駅ビルXmasイルミネーション
    清水寺
    毘沙門堂

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集