海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 雪の日の仁和寺。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月11日

雪の日の仁和寺。


メール プリント もっと見る

雪の日の仁和寺。

寒い日が続いています。
雪の日の御室・仁和寺。

冬の御室 008.jpg


春の日、仁和寺には遅咲きの御室桜が咲きます。
川端康成は小説「古都」の中で、御室桜の事を「春の義理」 と表現して
「ひと目見たら、春への義理は済む」と 書かれています。

今は、冷え込んだ気温の中、冬景色が広がっています。
仁和寺は、平安時代(888年)に建てられている寺院ですから長い歴史ですね。
『御殿』に入りました。

冬の御室 058.jpg

入り口には、御室流華道の生け花。


冬の御室 060.jpg


白書院の襖絵。


冬の御室 066.jpg

庭園も雪景色。

冬の御室 070.jpg

北庭からの眺め。遠くに五重塔が見えます。
手前に見える、茅葺屋根の茶席は「飛濤亭」。
江戸時代の画家・尾形光琳の屋敷から移築されたものだそうです。

冬の御室 080.jpg


御殿を出て参道に戻り、中門へと進んで行きました。
二王門から中門を経て金堂に至る道は、
奥に行く程高くなっています。


御室の冬LUMIX 002.jpg

金堂へ続く参道の木々も雪化粧。


冬の御室 019.jpg


五重塔が見えました。

冬の御室 018.jpg

仁和寺の五重塔は、江戸時代(1644年(正保元年)の作で高さ37.1m 。
塔は、各層の屋根の大きさがほぼ同じという、
江戸期の特徴を示しています。


冬の御室 040.jpg


冬の仁和寺。
立春は過ぎたものの、冬将軍が居座った気温が続いています。


御室の冬LUMIX 014.jpg

《仁和寺》

〇境内自由見学

〇アクセス  京都駅から京都市営バス26号系統「御室仁和寺」下車
        京福電鉄北野線下車。御室仁和寺駅より北へ徒歩3分
〇駐車場   普通車500円 
〇拝観料   御殿 大人 500円 中小学生 300円
        御殿拝観受付 9:00~16:00(12~2月)9:00~16:30(3~11月)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2014年2月11日
« 前の記事「白い石庭。雪の龍安寺。」へ
»次の記事「五個荘。素晴らしい青湖雛の世界。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    芸舞妓の衣装展・先斗町
    梅と舞妓さん
    雪の実光院
    新島旧邸
    梅と雛飾り
    嵐パト
    東寺
    近江八幡節句人形めぐり
    祇園・鉄道ジオラマ レストラン
    あだしのまゆ村
    奥嵯峨ジオラマ風景
    京都駅・いけばな展
    光の大階段・バレンタインバージョン
    八坂神社・節分祭
    北野天満宮・節分祭
    二月

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集