海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 春を呼ぶ、都をどり。衣装ポスター展。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月23日

春を呼ぶ、都をどり。衣装ポスター展。


メール プリント もっと見る

春を呼ぶ、都をどり。衣装ポスター展。


京都五花街の一つ、祇園甲部の「第142回都をどり」の公演(4月1~30日)を前に、
京都高島屋1階で「いま蘇る 幾たびの春 都をどり衣装・ポスター展」が
2月25日まで開かれています。

都をどり衣装展。 044.jpg

高島屋であつらえた2007年の舞台衣装や、1955年以降のポスター24点が展示
されています。

都をどり衣装展。 011.jpg


午後2時~4時には舞妓さんも登場されます。

都をどり衣装展。 010.jpg

吉井勇が作詞し、谷崎潤一郎が監修した第82回(1955年)の都をどり。
堂本印象によるポスターは(↓写真左)、源氏物語をイメージした
見事なポスターです。 


都をどり衣装展。 053.jpg

第1回都をどりは、明治5年。
今年で142回ですから長い歴史です。
大正・昭和期の、都をどりの様子が分かる
パンフレット15点も展示されています。

都をどり衣装展。 026.jpg

都をどりの始まりは、明治維新により日本の首都でなくなった京都が
千余年の長い「都」としての誇りを失わない努力の一環として、始められています。

都をどり衣装展。 提灯.jpg


都をどりの舞台は、京都の名所と四季を長唄などで
紹介しながら進められていきます。

都をどり衣装展。 077.jpg


京都の花街では、芸妓さん、舞妓さんがお得意さんへの
夏のごあいさつに、自分の名前の入った団扇を配る風習があります。

都をどり衣装展。 052.jpg

会場では舞妓さん団扇の、手描き実演も行われています。
紅色の文字が綺麗です。
下書きなしで書いて行かれるのですから、凄い技術です。

都をどり衣装展。 033.jpg

京都高島屋1階。

「いま蘇る 幾たびの春 都をどり衣装・ポスター展」。

都をどり衣装展。 017.jpg

2月25日まで(午前10時~午後8時)。無料。

午後2時~4時には舞妓さんが登場されます。

都をどり衣装展。 048.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2014年2月23日
« 前の記事「北野天満宮から上七軒の町を歩く。」へ
»次の記事「梅花祭。舞妓さんと梅。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    芸舞妓の衣装展・先斗町
    梅と舞妓さん
    雪の実光院
    新島旧邸
    梅と雛飾り
    嵐パト
    東寺
    近江八幡節句人形めぐり
    祇園・鉄道ジオラマ レストラン
    あだしのまゆ村
    奥嵯峨ジオラマ風景
    京都駅・いけばな展
    光の大階段・バレンタインバージョン
    八坂神社・節分祭
    北野天満宮・節分祭
    二月

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集