海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 遠い時代を思う醍醐の桜。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年4月 4日

遠い時代を思う醍醐の桜。


メール プリント もっと見る

遠い時代を思う醍醐の桜。

前ぺージからの続きです。

慶長3年(1598年)3月15日。
伏見城から醍醐寺に向けて、華やかで長い行列は出発したそうです。
それは、総勢千三百名からなる日本史上最大の花見行列。


醍醐の花見.2014 081.jpg


輿に乗った太閤秀吉を中心に、前方には前田利家、福島正則ら
大名に義演僧正、そして秀吉の後には秀頼、北政所、淀殿などが続きます。


醍醐の花見.2014 072.jpg


醍醐寺の門には、両側に菊の紋。
中に五三の桐家紋が見えます。
天下人・豊臣秀吉さんの栄華も浮かんで来ます。


醍醐の花見.2014 057.jpg

慶長3年(1598年)に行われた「醍醐の花見」の華やかさは、
満開の時期に合わせた桜が、山道に七百本植えられ、更に道中には 
華やかな茶屋が建ち並んだそうです。


醍醐の花見.2014 058.jpg


今の時代にも伝わる「醍醐の花見」。
この、お花見が有名なのは、秀吉さんの最晩年(62歳)に行われた
「花見の宴」であり、その約半年後に旅立たれています。

醍醐の花見.2014 032.jpg

辞世の句は・・・・ 

「露と落ち 露と消えにし我が身かな 浪速のことは夢のまた夢」

醍醐の花見.2014 054.jpg

その後、豊臣政権は徳川家康により政権を奪われ

豊臣家は滅ぼされました。


醍醐の花見.2014 091.jpg


豊臣政権にとって「醍醐の花見」は、夏の夜空に
ラストに打ち上がる 大輪の花火の様な
華やかな催しだったのかも知れません。


醍醐の花見.2014 118.jpg

醍醐寺に咲く桜、約千本の中でも
霊宝館前の大枝垂桜は見事です。

醍醐の花見.2014 108.jpg


この桜を見に醍醐寺を訪れる人も多いと思います。

近くで見ると、この迫力。
枝の幅は25mを超える、とても大きな枝垂れ桜。

名前は、「太閤深雪桜」。

推定樹齢約200年とも言われます。

カメラでは収まりきらない、圧倒的な存在感。

醍醐の花見.2014 087.jpg


醍醐寺は、秀吉さんのお花見の宴から、桜で有名な寺院になりました。
416年前に行われた、一日限定の花見。

「醍醐の花見」の言葉からは、桜を通じて
 秀吉さんとその時代が浮かんで来ます。

醍醐の花見.2014 059.jpg

秀吉さんが亡くなった後、豊臣の家臣達は全国各地に 
素晴らしい桜を残したとも伝わっています。

《醍醐寺》 〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22

〇アクセス   京都駅からJR東海道線または琵琶湖線「山科」(乗継ぎ)
         地下鉄東西線「醍醐」下車

         三条京阪から地下鉄東西線「醍醐」下車
         三条京阪から京阪バス86B系統「醍醐三宝院」下車

〇駐車場   普通車(約100台収容) 700円   
         ※花見シーズンは殆ど満車になります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年4月 4日
« 前の記事「416年前の凄い花見。「醍醐の花見」の始まりは伏見城から。」へ
»次の記事「かがり火と夜桜の幻想的な世界。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    そうだ、竹の寺に行こう。
    長岡天満宮・キリシマツツジ
    比叡山
    山吹
    常照寺・吉野太夫花供養
    平安神宮・紅しだれコンサート
    御室桜
    正法寺の桜
    桜景色
    常照寺の桜
    天龍寺・桜風景
    妙心寺・退蔵院の桜
    夜桜
    東寺・夜桜
    長岡天満宮・八条が池の桜
    舞妓さんと桜

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集