海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 夏も近づく八十八夜。宇治茶の郷を歩く。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月20日

夏も近づく八十八夜。宇治茶の郷を歩く。


メール プリント もっと見る

夏も近づく八十八夜。宇治茶の郷を歩く。

「夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る~~~」

京都市内から車で一時間半、宇治の平等院から天瀬ダムを通り
山道を抜けると宇治茶の郷、和束(わづか)です。

和束・新茶 079.jpg

和束はブランド茶「宇治茶」の生産地。
町の中に和束川が流れ、周りは山に囲まれています。
美味しいお茶が育つ条件は、朝晩の気温差があり 空気と水が綺麗な事。

和束・新茶 026.jpg


和束の景観は、先人から受け継いできた「生業の景観」です。
京都府景観資産登録第一号に指定され、また京都府選定文化的景観に
選定されている景色は、山の斜面を手鍬で切り開き、茶樹を植え、
樹勢が衰えると植え替えて今日に至っています。


茶畑と、隣り合わせに暮らす 茶農家集落の営みは、
美しい日本の原風景。「茶源郷」。

和束・新茶 040.jpg


茶畑に黒い網を被せている所が見えますが、
これは、太陽の光を茶葉に、当らないようにする事で
葉の緑色が濃くなるそうです。

和束・新茶 061.jpg


光を遮られた茶葉は、光を求めて葉を開き葉緑素を
増加させるんですね。

和束・新茶 072.jpg


茶畑の風車は、茶葉に霜がつかないようにする
「防霜ファン」。

風車は、地面に近い所の冷たい空気層と上の暖かい空気層を
混ぜる為に設けられています。

和束・新茶 097.jpg


茶畑風景見ていたら 茶摘みの歌が浮かんで来ました。

文部省唱歌 『茶摘み』

 夏も近づく  八十八夜
 野にも山にも 若葉が茂る
 「あれに見えるは茶摘みぢやないか
 あかねだすきに菅(すげ)の笠」


 日和つづきの 今日このごろを
 心のどかに  摘みつつ歌ふ
 「摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
 摘まにゃ日本の茶にならぬ」

和束・新茶 035.jpg


こちらは、知る人ぞ知る 缶入り「わづか茶」(百円)。

キリリとして、とっても美味しいお茶です。(^。^)

わづか茶.jpg

宇治茶の郷、和束。

五月の光と風の中、すくすくとお茶の葉が育っています。


和束・新茶 067.jpg


和束町へのアクセス
〇 京都から電車 みやこ路快速→木津(乗り換え)→大和路快速→加茂

〇 京都から車 R24→山城→R163→加茂(約90分)
〇 大阪から 阪奈道→加茂(約80分)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2014年5月20日
« 前の記事「北嵯峨・直指庵。竹林と青もみじが綺麗です。」へ
»次の記事「美味しいフルーツ大福のお店。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    天然記念物「逆さ銀杏」が見頃「西本願寺」
    ロームのイルミネーション
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ミニチュア着物作品展
    時雨殿・和紙人形の世界
    カフェは、元銭湯
    和裁×キルトパッチワーク
    瑠璃色の世界
    五月半ばの風景
    加茂街道・間近で見る葵祭り
    葵祭り 御所
    もうすぐ葵祭り
    かきつばた
    竹林浴
    列車の走る呑み会
    トロッコ保津渓駅と、こいのぼり
    165匹の、こいのぼり
    一初の花
    青空と湖広がる、びわ湖バレイ。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集