海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 参道に枝垂れる青もみじが綺麗。二尊院。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月28日

参道に枝垂れる青もみじが綺麗。二尊院。


参道に枝垂れる青もみじが綺麗。二尊院。

嵐山から愛宕街道を上って、二尊院。
ここも、もみじの名所。

秋は「紅葉の馬場」で有名な二尊院ですが、今の季節は、
瑞々しい青いもみじの世界が広がっています。


二尊院・青もみじ 089.jpg

二尊院は小倉山山麓にたたずむ天台宗のお寺。
承和年間(834~847)に嵯峨天皇の勅願により慈覚大師円仁によって
開かれました。その後衰退しましたが、鎌倉時代に法然上人らにより再興されました。
人が誕生して人生の旅路に出発する際に現れる「発遣の釈迦」様、
そして人が、その寿命を閉じる時に、極楽浄土より迎えにくる「来迎の阿弥陀」様と、
二体の本尊が祀られています。


二尊院・青もみじ 027.jpg

五月の光を受けた、もみじが綺麗です。
京都の、もみじは葉が小さくて、赤ちゃんの手のひらサイズとも言われます。
京都では十数種類ほどのカエデが自生していますが、
最も代表的なのがイロハカエデ。

特に高雄に多いそうで、別名タカオカエデとも言われます。イロハカエデは
カエデ属で最も小さく、長さ、幅ともに約3-5センチほど。


二尊院・青もみじ 030.jpg

門の向こう、イロハカエデの枝垂れる境内が見えました。

二尊院は、2012年の秋、そうだ京都行こうで紹介されていました。

   言葉は、

   「紅葉は、旅の入り口にすぎませんでした。」

二尊院・青もみじ 042.jpg


ポスターの言葉は、

 「ここは嵯峨嵐山の小倉山、東麓。総門をくぐると「紅葉の馬場」と
  呼ばれる参道がまっすぐにのび、さらに白壁から覗く真っ赤な紅葉が
  その先の境内へと導いてくれます。
  本堂に安置される本尊は二体。二尊院の名の由来です。
  「発遣の釈迦如来」と「阿弥陀如来」。
  この二尊により現世と来世の安寧を得られます。」
                
                            と 綴られていました。

二尊院・青もみじ 043.jpg


小倉山を詠った句

   『小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ』

   『奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき』


五月末、青もみじの二尊院。

静かな時が流れています。

二尊院・青もみじ 068.jpg


《二尊院》

◎〒616-8425 京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27

◎ アクセス
  京都駅から京都市営バス28号系統「嵯峨釈迦堂前」下車。
  京福電鉄嵐山駅から徒歩30分。

◎ 駐車場   自家用車15台 無料
◎ 拝観料   500円
◎ 拝観時間  9:00~16:30

                    ※ 「そうだ 京都、行こう。」からの言葉、お借りしています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年5月28日
« 前の記事「新緑の嵐山。スナップ風景。」へ
»次の記事「嵐山のお勧め処。カフェ嵯峨野湯さん。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
    フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
    激しい雨でした
    日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ミニチュア着物作品展
    時雨殿・和紙人形の世界
    カフェは、元銭湯
    和裁×キルトパッチワーク
    瑠璃色の世界
    五月半ばの風景
    加茂街道・間近で見る葵祭り
    葵祭り 御所
    もうすぐ葵祭り
    かきつばた
    竹林浴
    列車の走る呑み会
    トロッコ保津渓駅と、こいのぼり
    165匹の、こいのぼり
    一初の花
    青空と湖広がる、びわ湖バレイ。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集