海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 水無月の南禅寺を歩く。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月 3日

水無月の南禅寺を歩く。


メール プリント もっと見る

水無月の南禅寺を歩く。

六月ですね。六月の別名は、水無月。
この他にも、風待月・・水月・・涼暮月・・松風月・・・など
風情のある名が並んでいます。

ここの所の京都の気温は、36℃。暑い日が続いています。
早朝の南禅寺。

早朝の南禅寺。 003.jpg

参道左手の句碑。

「この門を 入れば涼風 おのづから」

緑の中、涼しい風が吹いてくる感じがしました。

南禅寺 014.jpg


重要文化財の三門です。
三門とは、山門とも表されますが、仏道修行で悟りに至る為に
透過しなければならない三つの関門を表す、空、無相、無作の
三解脱門を略した呼称だそうです。

朝の南禅寺。 004.jpg


南禅寺の三門は別名「天下竜門」とも呼ばれます。
開創当時のものは文安四年の火災で焼失しました。
現在の三門は寛永5年(1628)藤堂高虎が大阪夏の陣に倒れた家来を
弔うために再建したもので、禅宗様式で建てられた圧倒的な存在感です。

また歌舞伎「楼門五三桐」の石川五右衛門の伝説でも有名な三門です。


早朝の南禅寺。 009.jpg

南禅寺は、季節を問わず、沢山の人が観光に
来られています。

南禅寺 041.jpg


朝の境内には、静かな時間が流れています。

木々の中を歩いていると、暑さも忘れました。

南禅寺 036.jpg

本坊に入りました。

本坊からは涼しげな景色が見えました。

南禅寺 097.jpg


天体の軌道を表す様な、石庭の世界に
見入ってしまいます。

南禅寺 071.jpg


こちらは、南禅寺境内を横切る赤煉瓦の「水路閣」。

琵琶湖疎水を上部に流す陸橋で、古代ローマ風の建築様式。

南禅寺  水路.jpg

ひなびた色合いが南禅寺の古めかしさに馴染む、
人気のスポットです。

南禅寺 104.jpg

六月初めの南禅寺。

天気予報では九州北部・南部が、2日に梅雨入りしています。

朝の南禅寺。 007.jpg


いよいよ、これから梅雨の季節がやって来ます。


南禅寺 033.jpg

南禅寺の青いもみじも、これからの雨に洗われて、
より美しい色になる季節です。

早朝の南禅寺。 017.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2014年6月 3日
« 前の記事「青もみじ映える真如堂。」へ
»次の記事「百万本のバラの花。府立植物園。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「周山街道」雪化粧した北山杉が綺麗です
    新年明けましておめでとうございます
    京都の花暦を追いかけて
    初冬の風物詩「広沢池・鯉揚げ風景」
    Xmasイブ
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京の夏はecoサマーで・・・・
    緑の中の千二百羅漢
    100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ
    大原・宝泉院 緑色の世界
    西陣の美
    維新密議の旧宅
    水無月は紫陽花

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集