海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 一万株の紫陽花が見頃。三室戸寺

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月19日

一万株の紫陽花が見頃。三室戸寺


メール プリント もっと見る

一万株の紫陽花が見頃。三室戸寺

宇治のあじさい寺と言いますと、三室戸寺。
早口言葉で、みむろどじ・・みむろどじ・・みむろどじ と
三回続けて上手に喋れませんが(^.^)とにも かくにも、
ここの紫陽花は見事です。


水無月の風景を訪ねて。 067.jpg

石段を登ると本堂。
蓮の鉢が並んでいます。
もうすぐ、蓮の季節です。


水無月の風景を訪ねて。 087.jpg

紫陽花園に入りました。

三室戸寺のあじさい園は、杉木立の間に咲く
1万株のあじさいが、綺麗です。

今月末までの土・日曜日のみ、紫陽花ライトアップも行われています。


水無月の風景を訪ねて。 068.jpg

六月を彩る、あじさいの花。
アジサイの事を、少し調べてみました。

アジサイには、2つのタイプがあるそうです。

「ガクアジサイ」と「ホンアジサイ」。


ガクアジサイは、
平べったい形の中央に、小さな花が
集まって咲きます。

ホンアジサイは、
「手まり」のような形。
 日本固有のガクアジサイが、ヨーロッパで品種改良されて生まれたもの。
 花色は青、桃、白等。

水無月の風景を訪ねて。 101.jpg


アジサイは、日本が原産地。
しかし、万葉の時代から千年以上、あまり人気がなかったそうです。

青い花色が、好まれなかったのでしょうか。

水無月の風景を訪ねて。 118.jpg


その後、外国との交易の中、アジサイは日本から中国に渡り、
シルクロードを経て、ヨーロッパへと伝わって行きます。

ヨーロッパに渡ったアジサイは、
東洋の花として人気が上がると共に、品種改良も進み
大正時代に日本に逆輸入されたそうです。

水無月の風景を訪ねて。 130.jpg

アジサイは、土壌により色が変わる事から「七変化」と
言われますが・・・・アジサイの花の歴史も
七変化の時を経て、現在に至っているみたいです。

水無月の風景を訪ねて。 159.jpg

三室戸寺の一万株の紫陽花。

見頃の時を迎えています。


《三室戸寺》

〇 所       〒611-0013 京都府宇治市菟道滋賀谷21
〇 参拝料    大人500円 / 小人300円
〇 アクセス   「電 車」 京阪 三室戸駅下車、東へ徒歩15分
           「車」   京滋バイパス宇治東ICより3分
〇駐車場     乗用車: 500円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年6月19日
« 前の記事「歴史ロマンへの誘い。「平等院鳳凰堂」。」へ
»次の記事「花の寺、法金剛院さんの紫陽花。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「伏見・濠川」の紫陽花景色
    「ガラシャ」を思う紫陽花・勝竜寺城
    霧発見!「6月なかばの嵐山」
    恋愛成就のパワースポット「神泉苑」
    インスタ映えポイント「嵐電・嵐山駅」
    紫陽花が咲き始めた6月初めの「真如堂」
    「御土居と青もみじ」初夏の北野天満宮
    「紫陽花」咲く御池通り
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京の夏はecoサマーで・・・・
    緑の中の千二百羅漢
    100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ
    大原・宝泉院 緑色の世界
    西陣の美
    維新密議の旧宅
    水無月は紫陽花

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集