海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 雨の日にもお勧め、智積院。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月 9日

雨の日にもお勧め、智積院。


雨の日にもお勧め、智積院。

雨の日の智積院(ちしゃくいん)。
場所は京都駅から近くの東山七条です。
智積院の紋は、桔梗。

七月の歴史浪漫 119.jpg

桔梗紋と同じく、参道には沢山の桔梗が咲いています。

七月の歴史浪漫 110.jpg


書院のある名勝庭園へと入って行きました。

七月の歴史浪漫 130.jpg

書院からの眺め。


目の前には、「利休好みの庭」と言われる景色が広がります。


七月の歴史浪漫 154.jpg


庭園は築山と池。
そして山の中腹と山裾には、石組みが配置されている
見事な庭園です。

七月の歴史浪漫 158.jpg


静かな時が流れる書院の間。
書院の間には、桃山文化最高峰の画家・長谷川等伯一門による
屏風絵が見られます。(レプリカ)

長谷川等伯は、豊臣秀吉、千利休らに重用され、当時画壇の
トップ絵師集団・狩野派に、たった一代で肩を並べた人物です。

その才能は、どんな画題も自由自在に描き、まさに天才と言われたそうです。


七月の歴史浪漫 174.jpg

長谷川等伯の名を広めたのは、豊臣秀吉が息子の弔いの為、
京都に菩提寺・祥雲寺(現・智積院)の建立を命じた時、
障壁画を等伯に任せました。

幼い子を失った秀吉の悲しみを癒す素晴らしい絵を描かねば・・・
との思いから生まれたのが『楓図』(国宝)でした。
等伯54才の時の作品。


七月の歴史浪漫 151.jpg


秀吉好みの、金箔を使った賢覧豪華にして繊細な画風は、力強く左右に枝を
広げる巨大な楓。それを彩るように緑や赤の鮮やかな楓の葉や美しい
秋の草花が描かれています。

七月の歴史浪漫 152.jpg

そして、こちらは等伯の息子・久蔵による『桜図』。
見事な枝振りの八重桜が画面いっぱいに咲いています。

等伯一門による屏風絵を見た秀吉は大いに満足したそうです。

七月の歴史浪漫 149.jpg

雨の日の、智積院。

名勝庭園 書院の間からは、利休好みの庭園と
長谷川等伯の名画の世界が広がっています。

七月の歴史浪漫 161.jpg

《智積院》
○  境内散策 無料
○  京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
○   JR京都駅よりバス10分、東山七条下車
   京阪七条駅より徒歩約10分

□  名勝庭園 拝観時間 (午前9時から午後4時)
   一般 500円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年7月 9日
« 前の記事「今夜は七夕。」へ
»次の記事「蘇る白鷲の美しさ。世界文化遺産・姫路城。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
伏見酒蔵通りライトアップ
暑い日は、かき氷。
祇園祭・都大路を山鉾が行く。
宵々山・祇園囃子が聞こえます。
朝の山鉾
祇園祭・山鉾建て。
そうだ、冷麺食べよう。
駅ビル、七月のグラフィカルイルミネーション。
祇園祭が、やって来る
今日から七月。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集