海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 宵に浮かび上がる朱色の世界。伏見稲荷・本宮祭。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月21日

宵に浮かび上がる朱色の世界。伏見稲荷・本宮祭。


宵に浮かび上がる朱色の世界。伏見稲荷・本宮祭。

京都の夏の夜を彩る伏見稲荷大社の本宮祭(もとみやさい)が19日・20日と行われました。
日が沈み、暗くなってくると、堤灯の灯りに朱色の世界が浮かび上がってきました。


本宮際・2014伏見 008.jpg

この夜の、伏見稲荷大社には連休と夏休みも重なり、
浴衣姿の子供達や近年急増している外国人の観光客が沢山来られていました。


本宮際・2014伏見 091.jpg

本宮祭は、稲荷大神の分霊をまつる全国の崇敬者が本社に参拝する夏の大祭です。
境内から稲荷山・・そして参道に灯る提灯は約6千個とも言われます。

本宮際・2014伏見 086.jpg
 

こちらは、京都市在住の日本画家の方達が奉納した行灯。

本宮際・2014伏見 026.jpg

見事な絵は、約400点。
光の中に浮かび上がっていました。
絵は、楼門や外拝殿に展示されていました。


本宮際・2014伏見 030.jpg


伏見稲荷と言いますと、千本鳥居と神使の白い狐がシンボル。
子供さん達も、狐と天狗のお面をかぶって千本鳥居へと歩いています。

本宮際・2014伏見 038.jpg

この夜の千本鳥居には、沢山の人。
千本鳥居に提灯が灯るのはこの時だけです。
灯りに浮かび上がる千本鳥居は、まさに異次元の世界。

本宮際・2014伏見 083.jpg

何処までも続く朱色の回廊・・・
鳥居は、神域と俗界を区画するもので 神域への入口を示すそうです。

千本鳥居、灯り.jpg

ここを歩いていると、季節や時間も忘れる不思議空間が広がります。
ましてや夜に歩くと、とても幻想的。

本宮際・2014伏見 077.jpg

夏の夜を彩る伏見稲荷大社の本宮祭でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年7月21日
« 前の記事「150年ぶりに復活する大船鉾の鉾建て。」へ
»次の記事「新世界を歩く。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
伏見酒蔵通りライトアップ
暑い日は、かき氷。
祇園祭・都大路を山鉾が行く。
宵々山・祇園囃子が聞こえます。
朝の山鉾
祇園祭・山鉾建て。
そうだ、冷麺食べよう。
駅ビル、七月のグラフィカルイルミネーション。
祇園祭が、やって来る
今日から七月。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集