海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 大沢池に燃え上がる嵯峨の送り火。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月21日

大沢池に燃え上がる嵯峨の送り火。


大沢池に燃え上がる嵯峨の送り火。

京都は、この時節 様々な送り火が行われています。

嵯峨・大覚寺では弘法大師『空海』の、命日前日にあたる

二十日の夜は、「宵弘法」でした。

2014・大覚寺・嵯峨の送り火 018

この夜、大沢の池には無数の灯籠が浮かびます。

灯篭は、夕暮れの時間と共に明かりが浮かび上がって来ます。

七時になり、桟橋で施餓鬼法要が始まりました。

 

僧侶の方々が、祭壇の前に来られ

般若心経の読経が始まりました。

2014・大覚寺・嵯峨の送り火 046

大沢の池は、観月の為に作られた日本最古の池で

1周は約1キロあります。

 

春は桜が見事。

今は蓮の花が咲いています。

2014・大覚寺・嵯峨の送り火 044

池中央の祭壇から炎が燃え上がりました。

 

精霊と夏を見送る「嵯峨の送り火」です。

2014・大覚寺・嵯峨の送り火 049

炎が水面に映っています。

池に響く般若心境。

お参りの方からも、手を合わせ唱和する声が聞こえて来ました。

2014・大覚寺・嵯峨の送り火 053

パチパチと、炎が池に響きます。

大覚寺。嵯峨の送り火。

炎は、精霊と行く夏を見送る様に燃え上がっていました。

2014・大覚寺・嵯峨の送り火 067

 

 

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年8月21日
« 前の記事「精霊と夏を送る、五山の送り火は明日。」へ
»次の記事「愛宕街道に灯る行灯の明かり。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
    フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
    激しい雨でした
    日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く
    1年前の同じ月に投稿された記事
    素晴らしい建築と伝統工芸。京都迎賓館
    時代劇ロケ地。流れ橋
    大沢の池に映る炎と月。「嵯峨の送り火」
    猫画廊。猫の作品展。
    五山の送り火の夜
    夏の夜の幻想的な火祭り。「花背の松上げ」
    宇治みぞれ。
    比叡山から見たびわ湖花火大会。
    涼しい夜景が広がっています。「京の七夕」
    八月の「グラフィカル・イルミネーション」
    かがり火揺れる嵐山
    暑中お見舞い申し上げます。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集