海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 大きな楠木と青蓮院の秋。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月30日

大きな楠木と青蓮院の秋。


メール プリント もっと見る

大きな楠木と青蓮院の秋。

東山の天台宗の寺院「青蓮院」。

山門にそびえる楠木からは大きな力を感じます。

寺院には、大きな楠木が五本あり推定樹齢は七百~八百年と言われています。

応仁の乱を越えて来た大きな楠木。空を覆う様に枝が伸びています。

秋の日の京。 092

 

青蓮院の歴史は非常に古く、伝教大師「最澄」教えの寺院です。

 

秋の日の京。 065

 

書院を入った所に見えた、最澄の言葉「一隅を照らす」の屏風。

「国宝とは何物ぞ、宝とは道心なり。

道心あるの人を名づけて国宝となす。

故に古人の言く、径寸十枚、是れ国宝に非ず。

一隅を照らす、此れ則ち国宝なり」

秋の日の京。 027

 

書院からは、庭園の秋景色が見えます。

 

秋の日の京。 034

 

こちらも一隅を照らすの言葉。

はい という素直な心

すみません という反省の心

お蔭様です という謙譲の心

させて頂きます という奉仕の心

ありがとうございます という感謝の心

良き心の灯で一隅を照らそう

 

秋の日の京。 057

 

書の掛け軸。

 

寒さが来れば暑さは去る。

秋に穫り入れ冬に蓄える・・・・・

秋の日の京。 032

 

庭園には竹林や

青もみじの景色が広がっています。

 

秋の日の京。 076

 

これからの気温で、木々の色も深まって行きます。

 

秋の日の京。 074

 

九月は今日がラストとなり明日からは10月ですね。

月日がとても早く感じます。

青蓮院の秋。

長い歴史を見て来た大きな楠木と共に、秋は静かに進んでいます。

 

秋の日の京。 014

 

《青蓮院》

○所  京都市東山区粟田口三条坊町69−1

○時間 9時00分~16時30分

○参拝料 500円

○アクセス 京都市営バス 5.27 系統で 神宮道下車徒歩2分。

地下鉄東西線 京阪京津線 東山駅下車 徒歩3分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年9月30日
« 前の記事「桂川から見る、夕陽の後に浮かぶ三日月。」へ
»次の記事「静かな庭からは比叡山が見えました。正伝寺。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「八坂の塔」を見ながら歩く小路
    歩いても眺めても良し「詩仙堂の紅葉」
    宮本武蔵を思う「八大神社」。
    羅漢像が見る「赤山禅院」の紅葉。
    京大の中のレストラン『カンフォーラ』。
    彩りの時を迎えた「真如堂」。
    一枚の絵の様な紅葉景色。一条寺「圓光寺」。
    嵐渓に映る紅葉景色「嵐山」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    秋風渡る嵯峨野
    秋風に揺れる萩と短冊。
    秋の夜空に浮かぶ月。「中秋の名月」
    時代が浮かぶ、島原の角屋さん。
    造形芸大の「京造ねぶた」を見に行こう。
    台風後の鴨川と桂川。渡月橋。
    昭和の明かりの専門店。
    嵐電嵐山駅。京友禅光林のポール。
    行列の出来るうどん屋。山本麺蔵さん。
    駅ビル大階段、九月のイルミネーション。
    初秋の法然院。
    京都タワーの「たわわちゃん。」
    朱色の回廊。千本鳥居
    仁丹商標入り町名表示板

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集