海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 剣豪・宮本武蔵が歩いた、一乗寺・八大神社。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月15日

剣豪・宮本武蔵が歩いた、一乗寺・八大神社。


剣豪・宮本武蔵が歩いた、一乗寺・八大神社。

一乗寺の八大神社に奉られている、剣豪・宮本武蔵を訪ねて行きました。

一乗寺から八大神社に向かう所には、武蔵が吉岡一門と決闘した場所があります。
ここで1604年、一乗寺の決闘が行われました。

 

一乗寺。 163

 

決闘の場所から八大神社へと向いました。

 

一乗寺。 161

 

詩仙堂の前を通り、すぐ横が八大神社。

 

一乗寺。 138

 

参道には中村錦之助さんの名作、
宮本武蔵のポスターが並んでいます。

 

一乗寺。 155

中村錦之助さん演じる宮本武蔵の映画は5部作。
中でも一乗寺の決闘は、シリーズの一番人気です。

僕は子供の頃、故郷の公民館で見た記憶があります。

たった一人で、沢山の人を相手に立ち向かって行く武蔵に、
勇気と感動を頂いた様な・・・・・記憶が残っています。

 

一乗寺。 140

境内に入りました。

 

一乗寺。 154

 

宮本 武蔵(1584-1645年)は、江戸時代初期の剣豪で
兵法家そして書画家としても優秀な人だったそうです。
武蔵は、生涯で60以上真剣勝負して敗れなかったと言われています。

 

一乗寺。 152

 

一乗寺の決闘に至る経緯は・・・

21歳の武蔵は、京都の名門・吉岡道場で試合し門弟6人を倒し
当主の清十郎、弟の伝七郎をも倒しました。
面目をつぶされた吉岡一門は、清十郎の子、幼い又七郎を名目人に立て、
弓、鉄砲も携えた70人以上の門弟たちで遺恨試合に臨んだのが
1604年の「京都一乗寺下り松の決闘」でした。

 

一乗寺。 158

 

武蔵は、詩仙堂がある裏山から山道を一気に駆け下り、
名目人を斬り、混乱する吉岡一門を倒しながら去ったそうです。

 

一乗寺。 149

吉川英治さんの著書「宮本武蔵」では、

「さむらいの味方は他力ではない。死こそ常常の味方である。
さむらいの道には、たのむ神などない」
と書かれてあり、一人で多勢に勝った武蔵の姿が描かれていました。

 

一乗寺。 143

 

宮本武蔵。

敵の裏をかいてでも勝負には決して負けない、卓越した剣豪であったことは間違いがありません。

普段、お寺回りが多い僕のブログですが、八大神社にお参りして
剣豪の心意気を頂きました。

《八大神社》

○ 所     京都市左京区一乗寺松原町1

○ アクセス JR京都駅から5系統の市バス「一乗寺下り松」徒歩7分。

○ 拝観   無料

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年10月15日
« 前の記事「可愛いお地蔵様が見つめる秋。一乗寺・圓光寺」へ
»次の記事「秋を感じる神無月の詩仙堂。」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
京都駅地下街「ポルタ」のハロウィン。
福島の「おもてなし」。みんなのカフェ。
秋の景色が広がり始めました。等持院。
小雨の三十三間堂。
庭園と屏風絵の世界。智積院。
嵐山渓谷、大悲閣・千光寺からの眺め。
高桐院・時を越えて届く言葉。
大原念仏寺のお地蔵様。
大人の音楽流れる「ラポー」。
映画の街、太秦。「キネマ・キッチン」
秋の大原・実行院。
美味しい洋食屋さん。
八瀬・蓮華寺。静寂の世界。
10月の駅ビル大階段イルミネィション。
一乗寺「圓光寺」。額縁庭園の眺め。
十月初めの永観堂。
森嘉さんのお豆腐。
「ピンクリボンキャンペーン」清水寺。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集