海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > コスモスが満開。亀岡・夢コスモス園。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月21日

コスモスが満開。亀岡・夢コスモス園。


メール プリント もっと見る

コスモスが満開。亀岡・夢コスモス園。

京都市の隣、亀岡市『夢コスモス園』ではコスモスが満開です。

 

秋桜の日。 019

 

夢コスモス園では、約4.2haの敷地内に

20品種、約800万本のコスモスが風に揺れています。

 

秋桜の日。 011

 

ここに咲くコスモスの20品種は、見頃がそれぞれ違っているので、

長い間、花を楽しむことが出来ます。

 

秋桜の日。 020

 

花達は、10月の光の中、気持ち良さそうに揺れています。

コスモスの花は青空や太陽の光が似合いますね。

 

秋桜の日。 085

 

800万本のコスモスと共に、秋を彩るのは

センニチコウ。

 

秋桜の日。 018

 

アサガオも元気に咲いています。

 

秋桜の日。 023

 

サルビア。

 

秋桜の日。 033

 

黄色コスモスの群生前に咲く、赤紫のコスモス。

 

秋桜の日。 038

 

「COSMOS」。

宇宙を意味するコスモス。原産地はメキシコの高原地帯。

日本には明治20年頃に渡来したそうです。和名は、秋桜。

この花が、なぜ宇宙なんだろうと思いますが、

近くで見ると、中央の太陽を中心に回る惑星の様にも思えます。

水・金・地・火・木・土・・・・・

 

秋桜の日。 086

 

見頃を迎えたコスモスの花。

10月半ばの、風に揺れています。

 

秋桜の日。 081

 

《夢コスモス園》

○所  亀岡市吉川町穴川野水15 亀岡運動公園体育館横

○期間 9/20(土)~11/3(月・祝) 9:00~16:00

○駐車場  有(無料 300台)

○アクセス

JR嵯峨野線「亀岡駅」下車→京阪京都交通バス34、40、59、臨時系統で約10分。

「運動公園前」バス停下車すぐ。

○料金     大人(中学生以上)600円<平日は500円>小学生300円 小学生未満無料

お問合せ先           JR亀岡駅観光案内所 0771-22-0691

ホームページ       亀岡市観光協会 http://www.kameoka.info/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年10月21日
« 前の記事「梅田にカメラクリーニング。」へ
»次の記事「ありがたい言葉が見えました。地蔵寺。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都駅地下街「ポルタ」のハロウィン。
    福島の「おもてなし」。みんなのカフェ。
    秋の景色が広がり始めました。等持院。
    小雨の三十三間堂。
    庭園と屏風絵の世界。智積院。
    嵐山渓谷、大悲閣・千光寺からの眺め。
    高桐院・時を越えて届く言葉。
    大原念仏寺のお地蔵様。
    大人の音楽流れる「ラポー」。
    映画の街、太秦。「キネマ・キッチン」
    秋の大原・実行院。
    美味しい洋食屋さん。
    八瀬・蓮華寺。静寂の世界。
    10月の駅ビル大階段イルミネィション。
    一乗寺「圓光寺」。額縁庭園の眺め。
    十月初めの永観堂。
    森嘉さんのお豆腐。
    「ピンクリボンキャンペーン」清水寺。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集