海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 言葉が沁みる、知恩院・御廟の紅葉景色。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年11月29日

言葉が沁みる、知恩院・御廟の紅葉景色。


言葉が沁みる、知恩院・御廟の紅葉景色。

知恩院の晩秋景色。

参道の石碑には、詩人・坂村真民さんの詩。

『念ずれば 花 ひらく』。

この詩は・・・・・

「念ずれば花ひらく 苦しいとき 母がいつも口にしていた

このことばを わたしも いつのころからか となえるようになった

そうして そのたび わたしの花が ふしぎと ひとつ ひとつ ひらいていった 」

・・・・・・と続く詩です。

ありがたい石碑の言葉を見て、境内に入って行きました。

 

知恩院・円山 011

 

知恩院は、全国に7000余の寺院を擁する 浄土宗の総本山です。
知恩院の名前の由来は、法然上人からの恩を思い 恩を知る場所と言うことで
『知恩院』と 名付けられたと 伝わっています。

現在、知恩院は御影堂の大修理が行われています。

大鐘楼からの眺め。

深まり行く秋が見えました。

 

知恩院・円山 043

 

境内奥に進んで行きますと、

法然上人の御廟(ごびょう)へ続く石段があります。

※御廟とは、みたまや(御霊屋)。霊や貴人の霊をまつる殿堂。

 

知恩院・円山 126

 

 

真っ直ぐの石段を登って行きました。

 

知恩院・円山 058

 

法然上人の御廟。

美しい紅葉が見えます。

 

知恩院・円山 062

 

御廟の景色。

真ん中に枝垂桜。

後方には色鮮やかな楓。

 

知恩院・円山 107

 

御廟を彩る紅葉は、オレンジ色に近い黄金色。

 

知恩院・円山 074

 

知恩院に、お参りする人で、御廟まで上がってくる人は

あまり多くありません。

 

知恩院・円山 099

 

しかし、ここまで上がって来ますと

京都市内を東山から眺める事が出来ます。

 

知恩院・円山 082

 

言葉がありました。

「善人に会って教えられ 悪い人に会って反省すれば

善悪ともに有難い 南無阿弥陀仏」。

 

知恩院・円山 110

 

知恩院・御廟の秋景色。

深まり行く秋と、心に沁みる言葉に出会えました。

 

知恩院・円山 088

 

 

 

《知恩院》

○所 京都市東山区林下町400

○参拝料  境内自由

(友禅苑 大人300円、小・中学生150円、方丈庭園 大人400円、

小・中学生200円)、

ライトアップは大人(高校生以上)800円、小・中学生400円

○アクセス 京都市営地下鉄東山駅2番出口→徒歩8分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年11月29日
« 前の記事「錦秋を映す水鏡の世界。大覚寺。」へ
»次の記事「雨上がりの長楽寺。深秋景色。」 へ
京都特派員 新着記事
凄い‼これが鳴門のうず潮」だ‼
梅田~河原町間を走る観光特急「京とれいん雅洛」
青空広がる「東本願寺」
秋が静かに進む、亀岡市曾我部町「ひがん花の里」
お彼岸を教えてくれる「彼岸花」
初秋を感じる萩の花「常林寺」
4回目の緊急事態宣言下の「東山風景」
抹茶かき氷ならここ‼「丸久小山園・西洞院店」
1年前の同じ月に投稿された記事
大きな寺院。「西寺」があった所。
全山燃え上がる紅葉景色。清水寺。
紅葉を走るドライブウェー。
時雨亭跡からの景色。二尊院。
迷いの窓と悟りの窓。雲龍院、秋景色。
鷹ヶ峰・光悦寺の紅葉。
嵐渓に立つ、大きなもみじの木。
紅葉美しい金閣寺。
水鏡・・千二百年の世界。
一年間待ち続けた紅葉。
今熊野観音寺と、泉涌寺・御座所庭園の紅葉。
紅葉の中の石仏様と羅漢様。
嵯峨鳥居本の紅葉。
南禅寺・天授庵の紅葉。
最澄・・空海の見た秋景色。高雄・神護寺。
京のポスト。京のぞみちゃんと茶壷。
おおっ。。オーロラ。
白菊と祇園町と舞妓さん。
金沢にて。
平安京の世界。
11月の駅ビル大階段イルミネーション。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集