海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 京都の師走の風物詩、吉例顔見世興行。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月11日

京都の師走の風物詩、吉例顔見世興行。


京都の師走の風物詩、吉例顔見世興行。

この時期、南座前には勘亭流が書かれた「まねき」看板が並んでいます。
南座は 江戸時代の元和年間、京都所司代より四条河原東側に七つの櫓(座)を開くことが
認可されましたが、享保年間には6座になり、幕末には南座と北座の2座、
明治26年には南座だけとなり、現在に至っています。
毎年11月25日前後の吉日に、顔見世興行に出演する役者の名前を書いた「まねき」看板が
南座の正面に上がります。

師走の始まり 014


江戸の頃、歌舞伎役者の契約は年俸制で旧暦11月から翌年10月までの1年契約でした。
そのため毎年11月初めに各座の新たな顔触れが舞台で口上を述べることを「顔見世」と称しました。
これが現在の顔見世興行の始まりとの事です。

まねきの看板は厚さ1寸・長さ1間・幅1尺のヒノキの板に勘亭流の書体で役者の名前が書かれています。
勘亭流は江戸時代から興行などで使われる独特の書体で、「大入りになるように」と縁起を担ぎ、
筆太に隙間なく内側に向かってはねるように書かれています。

師走の始まり 016


演目と配役は・・・
<昼の部>
★玩辞楼十二曲の内 藤十郎の恋
坂田藤十郎:扇雀、宗清女房お梶:孝太郎

★恋飛脚大和往来〜新口村亀屋忠兵衛:梅玉、傾城梅川:秀太郎、才造:松江
万歳:進之介、孫右衛門:我當

★新皿屋舗月雨暈〜魚屋宗五郎
魚屋宗五郎:幸四郎、磯部主計之助:橋之助、磯部家召使おなぎ:高麗蔵
小奴三吉:亀鶴、家老浦戸十左衛門:友右衛門、宗五郎女房おはま:魁春

★十八世中村勘三郎を偲んで〜仮名手本忠臣蔵〜七段目/祗園一力茶屋の場
大星由良之助:仁左衛門、遊女お軽:七之助、大星力弥:壱太郎、
寺岡平右衛門 勘九郎

<夜の部>
★仮名手本忠臣蔵〜九段目/山科閑居の場
本蔵妻戸無瀬:藤十郎、大星由良之助:梅玉、大星力弥:扇雀、本蔵娘小浪 壱太郎
由良之助妻お石:秀太郎、加古川本蔵:幸四郎

★お祭り
鳶頭松吉 仁左衛門

★鳥辺山心中
菊地半九郎:橋之助、遊女お染:孝太郎、坂田源三郎: 亀鶴、遊女お花:七之助
坂田市之助:扇雀

★爪王
狐:勘九郎、鷹:七之助

師走の始まり 009


《吉例顔見世興行》

○ 日程   2011年11月30日(水)~12月26日(月)昼の部10:30~、夜の部16:15~
○ 料金   5,500円~27,000円
○ 場所   京都四條 南座(京都市東山区四条大橋東詰)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2014年12月11日
« 前の記事「街を優しく包むイルミネーション。「光の森」」へ
»次の記事「初冬のびわ湖に灯るXmasイルミネーションと花噴水。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
今年も後少し。
雪化粧の金閣寺。
雪の美山・かやぶきの里。
いよいよ、Xmas。
街の灯り。Xmasイルミネーション。
嵐山花灯路。光の中の蒼い世界。
嵐山花灯路。嵐電・嵐山駅から竹林の小径。
神戸ルミナリエ「光の記憶」。
びわ湖大津館のイルミネーション。
初冬のびわ湖、Xmasイルミネーションと花噴水。
松尾大社の大きな絵馬。
京都駅ビル・Xmasツリーと大階段イルミネーション。
はらはらと紅葉舞う、祇王寺。
竹と楓の景色、洛西地蔵院。
大銀杏と、天の邪鬼さん。
12月初めの東寺の紅葉。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集