海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 嵐山花灯路。光に浮かび上がる嵐渓と渡月橋。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月17日

嵐山花灯路。光に浮かび上がる嵐渓と渡月橋。


嵐山花灯路。光に浮かび上がる嵐渓と渡月橋。

嵐山花灯路のつづき・・・

竹林の小路から渡月橋に向かう道には
天龍寺の塔頭寺院、宝厳院が見えました。
宝厳院では嵐山花灯路の期間中、夜間特別拝観が行われています。

066

宝厳院から少し歩くと、小倉百人一首の世界が見れる「時雨殿」。
嵐山花灯路は、「灯り」と「花」でつなぐ催し。
時雨殿前の、いけばなも光に包まれています。

時雨殿も、嵐山花灯路の期間中、夜間特別拝観が行われています。


065


嵐山の渓谷に出ました。
紫色の淡い光に、山々が浮かび上がっています。

079

嵐山は、渡月橋の西にそびえる山。標高381.5メートル。
嵐山の春の日は桜。
夏の夜の渓谷には、鵜飼いの明かりが灯っていました。
秋の紅葉の時を経て、山々は今 淡い紫色の世界。

082

中ノ島公園から見る、渡月橋。橋の長さは、全長155m。
橋は、光に浮かび上がっています。
渡月橋の名の由来は、平安時代。
その当時、嵐山天龍寺のある場所に亀山庭園を持っていた亀山上皇が、
曇りのない夜空に月が橋を渡って行く様子を、
「くまなき月の渡るに似る」と表現された事から、渡月橋と
命名されたと言われています。


105


平安時代の渡月橋は、現在より200mほど上流に位置していたそうで、
法輪寺への通行のために架けられたので、法輪寺橋と呼ばれていました。
その後、渡月橋は度重なる洪水や、応仁の乱で焼け落ちたりして来ましたが
江戸時代に(1606年)現在の位置に建設されたそうです。

中ノ島公園では、行灯が灯っています。

102


2014・嵐山花灯路。寒い気温の日が続いていますが、嵐山には
「灯り」と「花」の世界が広がっています。
嵐山花灯路は21日まで。

094


《嵐山花灯路》
◎ 日時  12月12日(金)~12月21(日)(灯りの点灯時間)17:00~20:30 ※雨天決行。
◎ 交通   JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩。
        阪急嵐山線「嵐山駅」から徒歩。
        嵐電(京福電鉄)嵐山線「嵐山駅」から徒歩。
◎ 散策無料 (ただし寺院等では拝観料が必要な場合があります。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年12月17日
« 前の記事「2014嵐山花灯路・嵐電嵐山駅から竹林の小路。」へ
»次の記事「雪化粧の金閣寺。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
今年も後少し。
雪化粧の金閣寺。
雪の美山・かやぶきの里。
いよいよ、Xmas。
街の灯り。Xmasイルミネーション。
嵐山花灯路。光の中の蒼い世界。
嵐山花灯路。嵐電・嵐山駅から竹林の小径。
神戸ルミナリエ「光の記憶」。
びわ湖大津館のイルミネーション。
初冬のびわ湖、Xmasイルミネーションと花噴水。
松尾大社の大きな絵馬。
京都駅ビル・Xmasツリーと大階段イルミネーション。
はらはらと紅葉舞う、祇王寺。
竹と楓の景色、洛西地蔵院。
大銀杏と、天の邪鬼さん。
12月初めの東寺の紅葉。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集