海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 凛とした白い世界。高桐院。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月 4日

凛とした白い世界。高桐院。


メール プリント もっと見る

凛とした白い世界。高桐院。

雪景色の大徳寺・高桐院。
前回寄せて頂いたのは、11月の紅葉が始まる頃でした。
今は白い世界です。

雪の高桐院2015 011


参道も白い世界。
真っ直ぐに延びる参道は、約50m。
直線の参道の左右には楓の木々と竹林。
参道の竹の手すりは、高桐院でとれた孟宗(もうそう)竹。


雪の高桐院2015 016


高桐院は、戦国時代を生きた細川忠興と、その妻ガラシャが眠る
細川家の菩提寺。

雪の高桐院2015 022

高桐院の書院は、千利休の邸宅を移築したもの。
千利休は(1522年~1591年)、織田信長と豊臣秀吉に仕えて信頼を得ますが、
最後は秀吉の逆鱗に触れ、切腹を命じられています。
無駄な虚飾を避け、わびさびの世界を追求した利休と、桃山文化に見られる
絢爛豪華な世界を好んだ秀吉とでは、相容れないものがあったのかも知れませんが、
改めて戦国の厳しさを思います。

雪の高桐院2015 036


書院に入りました。

雪の高桐院2015 038


赤もうせんの向こうには、雪景色の楓の庭。


雪の高桐院2015 066


楓の庭には石も築山も白砂も池もなく、石燈篭が一基。
楓と竹林の潔い景色が広がります。

雪の高桐院2015 070

高桐院にはもう一基、灯篭があります。もう一基の灯籠は西の庭の奥にひっそりと佇んでいます。
この墓標の下には、細川忠興とガラシャ夫人が眠っています。
灯籠は、茶道の師匠である千利休の形見。
元々この灯篭は、利休の所有物でありましたが、秀吉に目を付けられます。
秀吉に渡したくない利休は、自ら灯籠の裏を砕き、「欠陥品を渡す事は出来ません」と断ります。
利休は切腹する際に、この灯籠を細川忠興に譲り、忠興も一部を砕き「無双」と銘を付けて
参勤交代の時にさえ携えたと言われています。
利休に対する敬意と共に、ガラシャ夫人と共に、この下で眠りたいと願う忠興の思いが伝わって来ます。


雪の高桐院2015 037


書院の初春を彩る盆栽に、見入ってしまいました。


雪の高桐院2015 030


高桐院は、参道から書院、
楓の庭から建物の隅々まで見事な設計に基づいて
作られています。

雪の高桐院2015 059

茶人・千利休の、素晴らしい感性が伺える世界。
利休が説いた茶道の心得は、「一期一会」。

『あなたとこうして出会っているこの時間は、
 二度と巡っては来ない、たった一度きりのものです。
 だから、この一瞬を大切に思い、
 今出来る 最高のおもてなしをしましょう。』

雪の高桐院2015 089

高桐院は京都観光の中でも人気の寺院で、
年間約6万人が訪れる参拝者の1/3が、
11月の1ヶ月間に集中します。

冬の高桐院。
凛と冷え込んだ大気が、静寂と歴史を伝えてくれています。

雪の高桐院2015 082

こちらの詩は、柴山全慶老師の詩。

《花語らず》 

「花は黙って咲き 
 黙って散ってゆく
 そして再び枝に帰らない
 けれどもその一時一処に 
 この世の総てを託している
 一輪の花の声であり  
 一枝の花の真(まこと)である
 永遠にほろびぬ生命の歓びが 
 悔いなくそこに輝いている」


雪の高桐院2015 076


雪の高桐院。
凛と冷え込む気温の中、美しい景色を頂きました。

雪の高桐院2015 044

《高桐院》
◎ 所    京都市北区紫野大徳寺町73-1
◎ アクセス  地下鉄北大路駅2番出口→徒歩15分。
        市バス1・205・206系統で5分、バス停:大徳寺前下車、徒歩5分。
◎拝観    9~16時 400円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年1月 4日
« 前の記事「雪の嵐山は、ゆっくりゆっくりと。」へ
»次の記事「雪景色の天龍寺。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都駅・名流いけばな展。
    五つのお猿と、八坂の塔。
    かやぶきの里「雪灯廊」。
    大原・宝泉院。白い世界。
    嵐山から嵯峨野も雪景色でした。
    雪景色の清水寺。
    冬の宮川町。
    京の冬の旅。非公開文化財特別公開が行われています。
    一月半ば・・琵琶湖畔からの景色。
    1日100食限定、美味しいステーキ定食のお店。
    しっとりふわふわのバームクーヘン。「京ばあむ」。
    嵐山の温泉。「風風の湯」。
    長崎の旅。
    九州の旅。食べログ風。
    新年明けましておめでとうございます。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集