海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 平安時代が蘇る、歴史ジオラマの世界。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月13日

平安時代が蘇る、歴史ジオラマの世界。


メール プリント もっと見る

平安時代が蘇る、歴史ジオラマの世界。

風俗博物館の続きです。
風俗博物館では、平安時代の貴族の生活が、4分の1スケールの
寝殿造の模型と人形で見事に再現されています。

展示は年二回変わり、一月からは新しい展示になっています。
「元服」 「六月祓」 「偏つぎ」 「賀茂祭」が再現されていました。

まずは、「元服」。
西本願寺近くに建つ風俗博物館のある場所は、
かつて源義経が静御前と共に過ごした「六条堀川館」のあった場所。

源氏絵巻2015春 038


この地で、源頼義以下、為朝、義朝と
代々・・源氏は、この地で暮らしていました。


源氏絵巻2015春 039


義経も又、この地で暮らしていたそうです。


源氏絵巻2015春 034

展示は、当時の元服式の様子を再現しています。


源氏絵巻2015春 037


凛々しい鎧兜。


源氏絵巻2015春 041


続いて「六月祓」。

祓(はらえ)とは、けがれを祓う為、人形(ひとがた)を作って水に流して
けがれを祓いました。


源氏絵巻2015春 042

こちらは解縄で行われた祓(はらえ)。


源氏絵巻2015春 045


続いて「偏つぎ」。
偏つぎは、漢字の偏と旁(つくり)に分かれた札を使った遊び。
漢字の知識向上の遊び。


源氏絵巻2015春 048

ラストは、「賀茂祭」。

賀茂祭とは、現在の葵祭。


源氏絵巻2015春 053


平安時代、「祭」と言うと賀茂祭の事をさしていました。
賀茂祭は、祭りに関わる全ての人達から、社殿の御簾・牛車に至るまで
全てに葵の葉を付けて飾ることから、「葵祭」として今日に至っています。

風俗博物館、一月からの新しい展示風景でした。

源氏絵巻2015春 056

《風俗博物館》
〇所      京都市下京区西中筋六条下住吉42(井筒法衣店5階)
〇時間    9時00分~17時00分 (日曜・祝日はお休み) 500円。
〇アクセス  JR京都駅から市バス9番、西本願寺前下車徒歩約3分
         阪急電車・四条大宮駅から市バス28番、西本願寺前下車すぐ
         地下鉄烏丸線五条駅下車 徒歩約15分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2015年1月13日
« 前の記事「雅なジオラマで見る、曲水の宴。」へ
»次の記事「坂本龍馬が歩いた町。木屋町。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都駅・名流いけばな展。
    五つのお猿と、八坂の塔。
    かやぶきの里「雪灯廊」。
    大原・宝泉院。白い世界。
    嵐山から嵯峨野も雪景色でした。
    雪景色の清水寺。
    冬の宮川町。
    京の冬の旅。非公開文化財特別公開が行われています。
    一月半ば・・琵琶湖畔からの景色。
    1日100食限定、美味しいステーキ定食のお店。
    しっとりふわふわのバームクーヘン。「京ばあむ」。
    嵐山の温泉。「風風の湯」。
    長崎の旅。
    九州の旅。食べログ風。
    新年明けましておめでとうございます。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集