海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 龍馬坂から維新の道を歩く。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月10日

龍馬坂から維新の道を歩く。


メール プリント もっと見る

龍馬坂から維新の道を歩く。

二年坂から龍馬坂、維新の道を歩いて来ました。
この日も、二年坂には沢山の人。
人の流れは、二年坂から三年坂、
そして清水寺や八坂の塔へと流れています。


梅見月・2015 113


沢山の観光の方が歩くニ年坂から、左に曲がると
急に人のいない坂道に入ります。
この坂道は、霊明神社・正法寺へ向かう坂道で龍馬坂と呼ばれています。
二年坂では、あんなに多かった人が、ここには誰もいません。
きっと、この道へは案内板も表示もないので、入って来る人も少ないのでしょうね。

龍馬坂は、竹に覆われた真っ直ぐに続く坂道。
高低差は32m。斜度10度の坂道。

この坂道は慶応3年(1867年)11月18日、海援隊士や陸援隊士らによる
坂本龍馬と中岡慎太郎の葬列が通った「幕末志士葬送の道」。

梅見月・2015 077

誰が言うともなく「龍馬坂」と呼ばれるようになりました。
振り返ると八坂の塔が見えます。

梅見月・2015 076

龍馬坂の途中からは石畳の階段が続きます。

梅見月・2015 080


葬列は、この坂道を通って霊明神社の墓地に運ばれ,
神道様式で葬られたそうです。
坂本龍馬さんと中岡慎太郎さんが、近江屋事件で
亡くなったのは1867年の11月。
坂本龍馬さん31歳。
中岡慎太郎さん29歳。

志士達が夢見た、明治維新はその翌年の1868年10月でした。


梅見月・2015 085

龍馬坂を上り、そのまま真っ直ぐに進むと正法寺。


梅見月・2015 087

寺院は、観光寺院ではありませんから、
静かな佇まいの中に時が流れています。

梅見月・2015 088

境内からは、市内が一望出来ます。

梅見月・2015 096

正法寺を降り、右折して少し下がると、
京都霊山護国神社。
ここには、坂本龍馬をはじめ明治維新の誕生につくした
志士達1043名の霊が祀られています。


梅見月・2015 098

霊山護国神社に続く道は、維新の道。
維新の道の参道に建つ石碑は、左から木戸孝允、勤皇の志士、
天誅組などの石碑。


梅見月・2015 111


維新の道沿いに建つ「翠紅館」。
翠紅館は、文久3年(1863年)に反幕府勢力の各藩志士代表者達による
会議が行われた場所です。

現在は料亭で、この日結婚式が行われていました。


梅見月・2015 109

立春は過ぎた京都ですが、まだまだ寒い気温。
二月半ばの、龍馬坂から維新の道でした。

≪龍馬坂≫
○所    京都市東山区清水

○アクセス JR京都駅より市バス206系統で東山安井下車、徒歩5分
      二年坂から左に曲る。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年2月10日
« 前の記事「雪と灯りの世界。美山茅葺の里「雪灯廊」。」へ
»次の記事「東風吹かば。。北野天満宮の梅。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    天然記念物「逆さ銀杏」が見頃「西本願寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    もうすぐ雛祭り。法住寺「つりびな展」。
    梅花祭。舞妓さんと梅。
    春を呼ぶ、都をどり。衣装ポスター展。
    北野天満宮から上七軒の町を歩く。
    雪の日の一乗寺・圓光寺。
    梅が咲き始めた北野天満宮。
    モノト-ンの世界。真如堂。
    降りしきる雪の中、朱色映える平安神宮。
    五個荘。素晴らしい青湖雛の世界。
    雪の日の仁和寺。
    白い石庭。雪の龍安寺。
    冬の高桐院。一期一会の景色。
    昭和を感じるブリキのおもちゃと人形博物館。
    暦は、節分から立春です。
    源氏物語を訪ねて・・・・その二。
    源氏物語の世界を訪ねて・・・その一。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集