海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 雪帽子の羅漢様。愛宕念仏寺。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月16日

雪帽子の羅漢様。愛宕念仏寺。


雪帽子の羅漢様。愛宕念仏寺。

雪の日の午後、嵯峨野の一番奥「愛宕念仏寺」に行って来ました。
ここには千二百羅漢像がおられます。

雪の愛宕念仏寺 013

「羅漢」とは、インド原語サンスクリット語から伝わる、
仏法を守護する聖人の意味だそうです。

雪の愛宕念仏寺 006


雪の帽子を被った「羅漢さん」。
それぞれに深い表情をなさっています。


雪の愛宕念仏寺 040


一年に何度か寄せて頂く、愛宕念仏寺さん。

雪の愛宕念仏寺 028


春・梅雨・夏・秋・冬・・・
それぞれに違う景色が広がっています。

冬の日・・・・
静かな時が流れる愛宕念仏寺でした。

雪の愛宕念仏寺 016


《愛宕念仏寺》
〇〒616-8439 京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
〇拝観時間 8:00~17:00 休日:無し
〇拝観料 300円
〇交通 京都バス 愛宕寺前(おたぎでらまえ)バス停から徒歩スグ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2015年2月16日
« 前の記事「京都駅ビル大階段は「バレンタインバージョン」。」へ
»次の記事「古き英国の田舎を感じる村。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
    フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
    激しい雨でした
    日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く
    1年前の同じ月に投稿された記事
    もうすぐ雛祭り。法住寺「つりびな展」。
    梅花祭。舞妓さんと梅。
    春を呼ぶ、都をどり。衣装ポスター展。
    北野天満宮から上七軒の町を歩く。
    雪の日の一乗寺・圓光寺。
    梅が咲き始めた北野天満宮。
    モノト-ンの世界。真如堂。
    降りしきる雪の中、朱色映える平安神宮。
    五個荘。素晴らしい青湖雛の世界。
    雪の日の仁和寺。
    白い石庭。雪の龍安寺。
    冬の高桐院。一期一会の景色。
    昭和を感じるブリキのおもちゃと人形博物館。
    暦は、節分から立春です。
    源氏物語を訪ねて・・・・その二。
    源氏物語の世界を訪ねて・・・その一。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集