海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 弥生三月。花見月・・・枝垂れ梅と椿が見頃です。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月 9日

弥生三月。花見月・・・枝垂れ梅と椿が見頃です。


メール プリント もっと見る

弥生三月。花見月・・・枝垂れ梅と椿が見頃です。

京都の梅の名所から、次々と開花便りが聞こえて来ました。
梅を訪ねて、伏見区の城南宮。
今、城南宮では「し だ れ 梅 と 椿 ま つ り」が3月22日まで
行われています。

城南宮2015・梅 029

城南宮の梅と言いますと、
神苑「春の山」に咲く百五十本の枝垂れ梅。

神苑参拝の方も枝垂れ梅の中です。

城南宮2015・梅 077

百五十本の枝垂れ梅、
今、見頃を迎えています。


城南宮2015・梅 042


城南宮の始まりは、平安遷都の際、都の南に国の守護神として
創建されたのがはじまりです。
方除け、厄除けの神社として知られています。
毎年、4月29日と11月3日に神苑で行われる「曲水の宴」は有名です。

城南宮2015・梅 112


舞妓さんの花カンザシの様な
枝垂れ紅梅。


城南宮2015・梅 049


美しい梅シャワーは、枝垂れ白梅。


城南宮2015・梅 014

神苑「春の山」を、奥に進むと
椿の世界が広がります。


城南宮2015・梅 007


地上で、美しさを放つ散り椿。

城南宮2015・梅 091


八重椿。

城南宮2015・梅 100


弥生三月。
花見月。

城南宮には、梅と椿の美しい景色が広がっています。

城南宮2015・梅 109

《城南宮》

○住所    〒612-8459 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
○アクセス
          京都駅から直通バス・京都らくなんエクスプレス「油小路城南宮」下車。
          京都駅から京都市営バス19号系統「城南宮」下車。
○駐車場      無料 バス30台 自家用車200台

○神苑拝観料     600円 拝観時間 9:00~16:30

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年3月 9日
« 前の記事「木島櫻谷旧宅で見る、日本画と雛飾り。」へ
»次の記事「2015.東山花灯路の小路を歩く。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    降り注ぐ花に言葉も忘れる桜。
    時を伝える伝説の桜。「糸桜」
    そうだ、飛び石を渡って桜を見に行こう。
    雲龍院。咲き始めた河津桜。
    魚好きの方が大喜び。 魚河岸・宮武 さんのランチ。
    今、東寺には梅と桜が競演しています。
    東山を彩る灯りと花の路。「東山花灯路」
    椿を愛でる会。平岡八幡宮。
    京大のカフェレストラン『カンフォーラ』。
    光源氏を思う庭園。枳殻邸。
    嵯峨野・清涼寺と大覚寺の梅。
    春一番の浜大津港とミシガン。
    お弁当箱の専門店「Bento&Co」さん。
    枝垂れ梅咲く城南宮。
    想いを伝える和文具のお店。「裏具」さん。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集