海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 紅しだれ桜を愛でながら、池の畔で聞くコンサート。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月13日

紅しだれ桜を愛でながら、池の畔で聞くコンサート。


紅しだれ桜を愛でながら、池の畔で聞くコンサート。

平安神宮・神苑では9日(木)~12日(日) の四日間、 
「紅しだれコンサート2015-こころのふるさと-」が行われていました。
 
                (京都新聞社主催・JR東海特別協賛)

P1490890


『2015紅しだれコンサート』
          
出演アーティスト。

▽9日(木)  藤原道山<尺八>×SINSKE<マリンバ>
▽10日(金) 宗次郎<オカリナ>
▽11日(土) ドレクスキップ(Drakskip)<北欧音楽>
▽12日(日) ウェイウェイ・ウー(WeiWei Wuu)<二胡>

演奏は、毎夜二回行われ
    1回目は、午後6時40分~7時20分。
    2回目は、午後7時50分~8時30分です。

P1490836

夕暮れ時の神苑。

紅しだれ桜は満開。


P1490832


降り注ぐ枝垂れ桜。
正式名称は「八重紅枝垂桜」。
色は紅色、花は八重。

八重咲きなので、開花から二週間、見頃が続くと言われています。

P1490883


神苑の「八重紅枝垂桜」は、京都御所近衛家の邸内にあったものが、

百四十年の時を越えて、今に至っています。


P1490869

紅しだれコンサートは、毎年四月の同じ様な日に行われる
四日間限定のコンサート。

東神苑の舞台から、流れて来る音楽が、
栖鳳池に響いて来ます。


P1490922

紅しだれコンサートは、神苑を巡りながら聞くコンサート。
座る椅子や席もありません。

皆さん立ちながら、池の畔で聞きます。


P1490986


見頃を迎えた紅しだれ桜。

神苑は、明治の作庭家・七代目小川治兵衛さんによる庭園。
苑内には約250本の桜が植えられていて、
そのうち150本が紅しだれ桜。
神苑の松も、やわらかな雰囲気で
一人の庭師が1日がかりで剪定されるそうです。


P1490938


神苑の紅しだれ桜は、文豪・谷崎潤一郎も愛した桜と言われています。
谷崎さんは神苑の桜を毎年楽しみにされていたようで、
小説『細雪』の中では「忽(たちま)ち夕空にひろがっている
紅(くれない)の雲」の様と表現されています。

きっと、夕暮れ時の神苑で浮かび上がる
美しい紅しだれ桜が見えたのでしょうね。


P1490946


紅しだれコンサートに来られる人は、
毎年リピーターの人が多いです。
池の畔に立っていると、一年が過ぎた事や、春が来た事など
じんわりと伝わって来ます。

「紅しだれコンサート2015-こころのふるさと-」。
今年も心に響くコンサートでした。

P1490979

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2015年4月13日
« 前の記事「見渡す限りの桜景色。原谷苑のさくら。」へ
»次の記事「春への義理。御室桜。」 へ
京都特派員 新着記事
梅田~河原町間を走る観光特急「京とれいん雅洛」
青空広がる「東本願寺」
秋が静かに進む、亀岡市曾我部町「ひがん花の里」
お彼岸を教えてくれる「彼岸花」
初秋を感じる萩の花「常林寺」
4回目の緊急事態宣言下の「東山風景」
抹茶かき氷ならここ‼「丸久小山園・西洞院店」
暑い日には「虎屋菓寮」一番人気のかき氷
1年前の同じ月に投稿された記事
京都人がオススメする嵐電沿線のベスト5から、名代親子丼。
2000株の牡丹が見頃です。乙訓寺。
樹齢130年のキリシマツツジ。見頃を迎えました。
西陣・織成館。能衣装展と桜。
京都ラストの桜は比叡山。
菜の花&山吹。黄金色の季節がやって来ました。
今、満開です。御室仁和寺の桜。
平安神宮 紅しだれコンサート2014 ・こころのふるさと。
東寺・夕暮れの桜景色。
長岡天満宮・夜桜水鏡の世界。
西山の寺院。勝持寺から正法寺を歩く。
桜の日のスナップ風景。
かがり火と夜桜の幻想的な世界。
遠い時代を思う醍醐の桜。
416年前の凄い花見。「醍醐の花見」の始まりは伏見城から。
円山公園から祇園白川の夜桜。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集