海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 青もみじと竹林を渡る風の音。北嵯峨・直指庵。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月 5日

青もみじと竹林を渡る風の音。北嵯峨・直指庵。


青もみじと竹林を渡る風の音。北嵯峨・直指庵。

竹林と、もみじ美しい嵯峨野・直指庵(じきしあん)。
直指庵は、嵯峨野の中でも最も北の位置にあり、まさに
「庵」という名の通り静寂に包まれたお寺です。


六月の直指庵 006


直指庵は正保3年(1646年)に始まり 一時は大寺院となりましたが、
後に荒廃したそうです。幕末になって、近衛家の村岡局(むらおかのつぼね)と
言う方が、浄土宗の寺として再興されています。

六月の直指庵 051


その後長い時を経た1970年~80年代。

直指庵を訪れる一人旅の人が多くなって来ます。
一度訪れた人は、再びリピーターとなって戻って来られると言います。

六月の直指庵 015

人で賑わう嵐山から離れた北嵯峨の里。

竹林と青もみじの中に建つ直指庵。


六月の直指庵 073


きっと、再び訪れる人は、
ここに流れる静かな時と、木々を渡る風の音に魅せられ
直指庵に戻って来るのでしょうね。


六月の直指庵 026

かつて直指庵は、「泣き込み寺、駆け込み寺」と
呼ばれていた時がありました。

六月の直指庵 029


書院の机の上にあるのは想い出草ノート。
ノートには、
「そっとその意地を私の心(ノート)にすてていってください。
 苦しむあなたをみているのが つらいのです」と記されています。

六月の直指庵 023


ノートには、人生に起こる様々な悩みが綴られています。
その数は、すでに5000冊以上。
今も日々、新しいぺージが更新されています。


六月の直指庵 013


本堂の言葉。

「祈りの言葉」

私が幸せでありますように
私の親しい人々が幸せでありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

私の悩みや苦しみが無くなりますように
私の親しい人々の悩みや苦しみが無くなりますように
生きとし生けるものの悩みや苦しみが無くなりますように

私の願い事が叶いますように
私の親しい人々の願い事が叶いますように
生きとし生けるものの願い事が叶いますように

私に悟りの光が現れますように
私の親しい人々にも悟りの光が現れますように

南無阿弥陀仏  南無阿弥陀仏・・・・


 六月の直指庵 028
 

境内奥におられる「想い出草観音」。


六月の直指庵 053


観音様は、書院のノートに綴られた
悲しみや苦しみを読み、そこから救い、その後の歩みを
見守って下さると言います。


六月の直指庵 056


青もみじ美しい直指庵。

紫陽花が咲き始めていました。
京都はこれから雨の日が多くなります。
竹林に囲まれ、咲き始めた紫陽花。
これからの雨の日には、濡れた紫陽花が綺麗でしょうね。

六月の直指庵 034


書院で拝見した直指庵の詩。

「直指庵に魅せられて」    藤 公之介

直指庵は 雨の日に訪れるのがいい
濡れそぼる竹林の緑が目にしみて 庭に降りそそぐ
雨音が心にしみるから・・


直指庵は、晴れた日に訪れるのがいい
緑先から見える嵯峨野の空が目にしみて
風にそよぐ葉ずれの音が心にしみるから・・


直指庵は もやの日に訪れるのがいい

直指庵は、雪の日に訪れるのがいい


直指庵は 耐え切れない悲しみをひきずって一人で訪れるのがいい

直指庵は かかえ切れない幸せを抱きしめて ふたりで訪れるのがいい

直指庵は いつの日も 心のふるさと・・・・

(藤公之介さんは、歌手・大塚博堂さんの作詞を数多く手がけられてきた方。)
 「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」「季節の中に埋もれて」)等など

六月の直指庵 040


六月の青いもみじと、竹林を渡る風の音が聞える直指庵。
咲き始めた紫陽花が綺麗です。

《直指庵》
○所   〒616-8441 京都市右京区北嵯峨北ノ段町3
○拝観時間 9.00~17.00
○拝観料  500円
○アクセス 京都駅から京都市営バス28号系統 大覚寺下車して徒歩。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年6月 5日
« 前の記事「鯖寿司は美味しいです。」へ
»次の記事「地蔵寺。ありがたい言葉が見えました。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
外国人観光客の一番人気は、伏見稲荷でした。
ここにしか咲かない花。ここでしか見えないもの。詩仙堂。
緑美しい貴船の道。
雨の日の静寂の寺院。八瀬・蓮華寺。
小雨の白川から、二年坂三年坂を歩く。
長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
花の寺、法金剛院さんの紫陽花。
一万株の紫陽花が見頃。三室戸寺
歴史ロマンへの誘い。「平等院鳳凰堂」。
1200の羅漢様と青もみじ。愛宕念仏寺。
紫陽花や菖蒲のお勧め処。
紫陽花が咲き始めた、妙心寺・退蔵院。
とにかく広い妙心寺を歩く。
六月の楓の庭。高桐院。
前から気になっていた所。「京都府立陶板名画の庭」。
立ち去りがたい景色。大原・宝泉院。
紅葉美しき処、青もみじ更に美しき・・・・天授庵。
百万本のバラの花。府立植物園。
水無月の南禅寺を歩く。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集