海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 細川ガラシャさんを思う勝龍寺城。紫陽花が咲いていま...

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月 7日

細川ガラシャさんを思う勝龍寺城。紫陽花が咲いています。


メール プリント もっと見る

細川ガラシャさんを思う勝龍寺城。紫陽花が咲いています。

長岡京市の勝龍寺城。
ここは、戦国時代細川家の城でした。


紫陽花の季節。 034


お堀からの眺め。

勝龍寺城は、JR長岡京駅から歩いて10分の距離にあり自由に散策出来ます。
現在のお城は、1992年に公園として整備し再建されて
日本の歴史公園100選にも選ばれています。

紫陽花の季節。 027

勝龍寺城は、天正6年(1578年)に細川忠興・ガラシャ夫妻が
結婚式を挙げ、新婚時代の約三年間を過ごした城。


紫陽花の季節。 054


六月の勝龍寺城。

雨に濡れた、さつきと紫陽花が綺麗です。


紫陽花の季節。 053

勝龍寺城は、細川ガラシャさん想い出の城。

展示室には、細川忠興・ガラシャさんの事や、
お城の資料が展示されています。


ここに咲く六月の花を見ていると、戦国の時代を生きた、
細川ガラシャさんの歩みも浮かんで来ます。


紫陽花の季節。 038


細川ガラシャさん。(1563~1600年)
明智光秀の三女で、名は珠(たま)。

品格と知性を備えた大変美しい方だったそうです。

天正6年(1578年)、15歳の時に父の主君・織田信長のすすめによって
細川忠興に嫁ぎます。
勝龍寺城で過ごした三年間は、素晴らしい思い出の日々だったでしょうね。


紫陽花の季節。 005

絵は、珠さんの輿入れ行列。
華やかな行列の様子が伝わって来ます。

紫陽花の季節。 062

結婚から四年が過ぎた天正10年(1582年)六月。


珠さんの人生に激震が走ります。
それは、「本能寺の変」。

父である光秀が、織田信長を討って自らも滅んでしまい、
珠は「逆臣の娘」となります。

主人である忠興は、彼女を天正12年(1584年)まで丹後国に隔離・幽閉します。

紫陽花の季節。 056


時を経て、覇権を握った羽柴秀吉の取り成しもあり、忠興は珠を細川家に戻しています。
キリスト教に入信したのは1587年。ガラシャの洗礼名は、その時から。

その後、関ヶ原の戦いに際し、石田三成から人質として
大阪城に入ることを強要されたガラシャさんは、
家老に胸を突かせて、亡くなられています。

ガラシャさん37歳でした。

辞世の句は

「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」

 改めて、戦国という時代の厳しさが浮かんで来ます。

六月の勝龍寺城。
雨に濡れた紫陽花が綺麗です。

紫陽花の季節。 048

○ 京都府長岡京市勝竜寺13-1
○ JR京都線「長岡京駅」から徒歩10分
○ 料金  無料 
○ 休館日  毎週火曜

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年6月 7日
« 前の記事「地蔵寺。ありがたい言葉が見えました。」へ
»次の記事「外国人が喜ぶ日本のお土産 。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「長岡天満宮・八条ヶ池」キリシマツツジは満開
    「比叡山ドライブウェイ」に見る関西ラストの桜風景
    3000株の山吹が見頃「松尾大社」
    こころのふるさと―平安神宮 紅しだれコンサート2018
    降り注ぐ桜POWER!これぞ桃源郷「原谷苑」
    今年は早い「御室桜も満開」
    長岡天満宮「八条が池の夜桜風景」
    十石船が行き交う「伏見濠川の桜景色」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    外国人観光客の一番人気は、伏見稲荷でした。
    ここにしか咲かない花。ここでしか見えないもの。詩仙堂。
    緑美しい貴船の道。
    雨の日の静寂の寺院。八瀬・蓮華寺。
    小雨の白川から、二年坂三年坂を歩く。
    長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
    花の寺、法金剛院さんの紫陽花。
    一万株の紫陽花が見頃。三室戸寺
    歴史ロマンへの誘い。「平等院鳳凰堂」。
    1200の羅漢様と青もみじ。愛宕念仏寺。
    紫陽花や菖蒲のお勧め処。
    紫陽花が咲き始めた、妙心寺・退蔵院。
    とにかく広い妙心寺を歩く。
    六月の楓の庭。高桐院。
    前から気になっていた所。「京都府立陶板名画の庭」。
    立ち去りがたい景色。大原・宝泉院。
    紅葉美しき処、青もみじ更に美しき・・・・天授庵。
    百万本のバラの花。府立植物園。
    水無月の南禅寺を歩く。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都仙台和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集