海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 嵐山・宝厳院。目に優しい緑の世界。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月21日

嵐山・宝厳院。目に優しい緑の世界。


嵐山・宝厳院。目に優しい緑の世界。

嵐山の宝厳院へ、青もみじと六月の景色を訪ねて来ました。
宝厳院は天龍寺の塔頭で、もみじの美しい寺院です。
以前は非公開で、道路から屋根越しに見えるモミジを見て
庭園には、どんなもみじの世界が広がっているかと、
想像を膨らませるだけでしたが、2002年より特別公開されるようになりました。
今は春と秋の二回特別公開されていて、秋はライトアップも行われます。
春の特別拝観は6/30日まで。
青もみじのトンネルを歩くと、茅葺屋根の受付が見えました。


嵐山・水無月 223

茅葺き山門をくぐると紫陽花が、「こんにちは」。

嵐山・水無月 064

宝厳院の庭園は、嵐山の借景を巧みに取り入れた回遊式山水庭園で、
江戸時代の名所案内「都林泉名勝図会」にも紹介された名庭です。
春には新緑と枝垂れ桜、秋は紅葉を楽しめます。

青もみじと苔の美しい景色に半円の竹垣の小路が続きます。
竹垣の名は豊丸垣。


嵐山・水無月 180

垣根越しに咲く、桔梗の花。

嵐山・水無月 086

六月の今は、雨に洗われた青いもみじと苔が綺麗です。
宝厳院は広い庭を持つ寺院で、庭園の中を円を描くように
道が続いています。

嵐山・水無月 122

続いて、紫陽花。仏教詩人坂村真民さんの詩、『あじさいの花』を思います。

『あじさいの花』

まるくまるく
形のよいものに
なろうとする
やさしい心の
あじさいの花

きのうよりも
きょうと
新しい色に
なろうとする
雨の日の
あじさいの花

嵐山・水無月 118


庭園を進むと、無畏庵(むいあん)が見えました。


嵐山・水無月 123

ここは、お茶処。


嵐山・水無月 128

赤いもうせんと和傘。
青もみじの美しい景色が広がっています。

嵐山・水無月 125

この時期は、苔の色が綺麗ですね。
六月の雨に洗われた苔。
とても綺麗です。

嵐山・水無月 171


庭園には、桔梗や紫陽花と共にサツキや半夏生も咲いています。

嵐山・水無月 160


サツキに舞う蝶。


嵐山・水無月 213


六月の宝厳院。


嵐山・水無月 207

目に優しい緑の世界が広がっています。
春の特別公開は六月三十日まで。

嵐山・水無月 073


≪天龍寺塔頭 宝厳院・春の特別公開≫
○日時 2015/3/20(金)~6/30(火) 9:00~17:00(受付終了)
○住所 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
○交通
  京都駅からJR山陰本線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分。
  京都バス71・72番で「京福嵐山駅前」から徒歩10分。
  市バス28番で「嵐山天龍寺前」から徒歩10分。
  京福電鉄「嵐山駅」から徒歩10分。
  阪急嵐山駅から徒歩15分。

○拝観料  大人500円 小中学生300円(本堂は別途参拝料が必要) 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年6月21日
« 前の記事「紫陽花と桔梗咲く、水無月の智積院。」へ
»次の記事「「雨中嵐山」歌碑巡り。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
外国人観光客の一番人気は、伏見稲荷でした。
ここにしか咲かない花。ここでしか見えないもの。詩仙堂。
緑美しい貴船の道。
雨の日の静寂の寺院。八瀬・蓮華寺。
小雨の白川から、二年坂三年坂を歩く。
長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
花の寺、法金剛院さんの紫陽花。
一万株の紫陽花が見頃。三室戸寺
歴史ロマンへの誘い。「平等院鳳凰堂」。
1200の羅漢様と青もみじ。愛宕念仏寺。
紫陽花や菖蒲のお勧め処。
紫陽花が咲き始めた、妙心寺・退蔵院。
とにかく広い妙心寺を歩く。
六月の楓の庭。高桐院。
前から気になっていた所。「京都府立陶板名画の庭」。
立ち去りがたい景色。大原・宝泉院。
紅葉美しき処、青もみじ更に美しき・・・・天授庵。
百万本のバラの花。府立植物園。
水無月の南禅寺を歩く。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集