海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「雨中嵐山」歌碑巡り。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月22日

「雨中嵐山」歌碑巡り。


メール プリント もっと見る

「雨中嵐山」歌碑巡り。

雨の嵐山。


嵐山、霧。 007

渓谷も霧に霞んでいます。

嵐山、霧。 005


雨の嵐山と言いますと「雨中嵐山」と言う言葉が浮かんで来ます。
雨中嵐山。。この言葉は中国の政治家・周恩来さんの詩牌に出て来る言葉です。

雨中嵐山の歌碑がある所は、亀山公園。
亀山公園の入り口は、渡月橋からも近くて、登り口は石畳の階段です。
公園内には「雨中嵐山」の周恩来記念詩牌や、百人一首の歌碑や、山々が一望できる展望台などがあります。
まずは、「雨中嵐山」周恩来記念詩牌。


嵐山・水無月 011


周恩来さんは、中華人民共和国の政治家で、3年ほど東京にある大学に留学され、
その折に京都嵐山を訪問され、嵐山の雨の景色を詩を残されています。
1972年の日中国交正常化の際には、首相として、調印式に出られました。

「雨中嵐山」の日本語訳は・・・・・
 
「雨の中、二度嵐山に遊ぶ。 両岸の青い松が幾本かの桜を挟んでいる。
 その尽きるところに、一つの山がそびえている。
 流れる水は、こんなにも緑であり、 石をめぐって人影を映している。
 雨脚は強く、霧は濃く立ちこめていたが、雲間から一筋の光が射し、
 眺めは一段と美しい。 人間社会のすべての真理は、求めれば求めるほど
 あいまいである。だが、そのあいまいさの中に、一点の光明を見つけた時には、
 さらに美しく思われる。」


嵐山、霧。 017

周恩来記念詩牌を見た後、亀山公園を巡って行きますと、百人一首の歌碑が見えます。
亀山公園の辺りは、藤原定家が百人一首を撰集した小倉山荘の「時雨亭跡」も近い所。
百人一首の歌碑は亀山公園に49基が作られています。
石に刻まれた百人一首の歌巡りも楽しいです。
歌碑横には白いプレートがあり、和歌と現代語訳が記載されています。

「月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ
    わが身一つの 秋にはあらねど 」
現代語訳  
「月を見ると、あれこれきりもなく物事が悲しく思われる。
 私一人だけに訪れた秋ではないのだけれど。」

嵐山・水無月 017


「ひさかたの 光のどけき 春の日に
    静心(しづごころ)なく 花の散るらむ」

現代語訳
「こんなに日の光がのどかに射している春の日に、なぜ桜の花は
 散って行くのだろうか。」

嵐山・水無月 043


「人はいさ 心も知らず ふるさとは
   花ぞ昔の 香(か)ににほひける」

現代語訳

「あなたの心はどうでしょうか。人の心はわからないけれど、
 慣れ親しんだ土地の梅の花だけは昔とかわらない香がしています。 」


嵐山・水無月 048


百人一首の歌碑を見ながら亀山公園の山頂に上ると
渓谷に保津川下りの船が下って来るのが見えました。

雨中嵐山・亀山公園の歌碑巡りでした。

嵐山・水無月 033


≪亀山公園≫
○京都市右京区嵯峨亀ノ尾町
○入園自由
○嵐電嵐山駅から徒歩15分。
○阪急嵐山駅から徒歩15分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年6月22日
« 前の記事「嵐山・宝厳院。目に優しい緑の世界。」へ
»次の記事「哲学の道から法然院に歩く。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    遠くて近い歴史に触れる所「舞鶴引揚記念館」。
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    外国人観光客の一番人気は、伏見稲荷でした。
    ここにしか咲かない花。ここでしか見えないもの。詩仙堂。
    緑美しい貴船の道。
    雨の日の静寂の寺院。八瀬・蓮華寺。
    小雨の白川から、二年坂三年坂を歩く。
    長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
    花の寺、法金剛院さんの紫陽花。
    一万株の紫陽花が見頃。三室戸寺
    歴史ロマンへの誘い。「平等院鳳凰堂」。
    1200の羅漢様と青もみじ。愛宕念仏寺。
    紫陽花や菖蒲のお勧め処。
    紫陽花が咲き始めた、妙心寺・退蔵院。
    とにかく広い妙心寺を歩く。
    六月の楓の庭。高桐院。
    前から気になっていた所。「京都府立陶板名画の庭」。
    立ち去りがたい景色。大原・宝泉院。
    紅葉美しき処、青もみじ更に美しき・・・・天授庵。
    百万本のバラの花。府立植物園。
    水無月の南禅寺を歩く。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集