海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 舞妓さん、おもてなしのビアガーデン。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月 8日

舞妓さん、おもてなしのビアガーデン。


メール プリント もっと見る

舞妓さん、おもてなしのビアガーデン。

上七軒歌舞練場の日本庭園で開かれているビアホールに行って来ました。
ここでは、上七軒の芸妓さん舞妓さんが、お揃いの浴衣姿でおもてなしを
して下さいます。


上七軒2015.ビアホ-ル 012


京都には、五つの花街があり(上七軒・祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町)
その中で上七軒は、一番古くからある花街です。

上七軒。「かみななけん」ではなく「かみしちけん」でもなく
「かみひちけん」と発音します。


上七軒2015.ビアホ-ル 019


歌舞練場の舞台。
春には、舞台で北野踊りが行われます。
上七軒歌舞練場は、2007年公開の阿部サダヲさんの出世作『舞妓Haaaan!!!』のロケ地でした。

上七軒2015.ビアホ-ル 008

上七軒の始まりは、室町時代、北野天満宮が火事にみまわれ、
その修復作業の際に残った材木を譲り受け、七軒のお茶屋を建てたことが
始まりで、当時は七軒茶屋と呼ばれていたそうです。

その後、天正十五年(1587年)に、太閣秀吉さんが大茶会を催しました。
以来、北野天満宮の門前茶屋として栄えて今日に至っています。
提灯模様は、太閤秀吉さんがお気に入りだった「五つ団子」。

この日は、雨の降る夜でしたが庭園の紫陽花が綺麗でした。


上七軒2015.ビアホ-ル 023


≪上七軒歌舞練場ビアガーデン≫
 
○ 9月5日までの午後5時半~10時。(8月14~16日は休業。)
○ 問い合わせ  上七軒歌舞会((電)075・461・0148)。

○ アクセス
  JR京都駅から 市バス50号、101号系統にて(所用時間30分)、
  「北野天満宮前」「上七軒」下車徒歩3分

  阪急 四条烏丸駅から市バス55号系統にて(所用時間25分)、
 「北野天満宮前」「上七軒」下車徒歩3分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年7月 8日
« 前の記事「幻想的。緑の世界が映る天授庵の庭園。」へ
»次の記事「ありがたい言葉が見えました。西本願寺。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    嵐山には、涼しい夜景が広がっています。
    暑さも忘れる、舞妓さんの奉納舞踊。
    祇園祭・後祭・大船鉾など10基堂々の巡行。
    祇園祭。後祭・宵々山の夜。
    新世界を歩く。
    宵に浮かび上がる朱色の世界。伏見稲荷・本宮祭。
    150年ぶりに復活する大船鉾の鉾建て。
    鮮やかな朱色が映える。先祭・山鉾巡行。
    こりゃ美味しい。京都に来たら、「京旅路」。
    祇園囃子が聞こえます。宵々々山の夜。
    祇園祭。長刀鉾からの眺め。
    2014・祇園祭。山鉾が建ち始めました。
    蘇る白鷲の美しさ。世界文化遺産・姫路城。
    雨の日にもお勧め、智積院。
    今夜は七夕。
    7月の京都駅ビル・グラフィカルイルミネーションは祇園祭。
    4分の1スケールで見る源氏物語の世界。
    そうだ、萬福寺さんに行こう。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集