海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 4分の1スケールで見る源氏絵巻の世界。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月11日

4分の1スケールで見る源氏絵巻の世界。


4分の1スケールで見る源氏絵巻の世界。

西本願寺近くの風俗博物館では、源氏物語の世界が、4分の1スケールの寝殿造の模型と
人形で再現されています。

西本願寺と源氏物語 029


博物館では年に二回展示が変わり、7月1日より新しい展示が始まっています。

西本願寺と源氏物語 027


御殿前には、蓮の花。
蓮の葉には水の玉が溜まっています。
毎回の事ですが、この源氏物語の世界を作られている方々の
細やかな感性に、ただただ見入ってしまいます。

西本願寺と源氏物語 013

頂いたパンフレットには、それぞれの場面の説明が載っていて、
それを見ながら源氏物語の世界を巡って行きます。

源氏物語は、平安時代の光源氏の世界が表現されていました。
複雑に絡み合う人間関係の描写も独特でした。


西本願寺と源氏物語 022


源氏物語は、絵巻等を見ても、御簾(みす)と几帳(きちょう)が多く出て来ます。
御殿造りには、全体的に「壁」と言う物が少なくて、
部屋を仕切るのに、御簾や几帳は使われて来たのでしょうね。

西本願寺と源氏物語 025

御簾(みす)は、細く割った竹を編んだもので部屋との境目などに垂らし、
日の光や外部から見通されないため等に使われます。


西本願寺と源氏物語 070


そして、もう一つ発達したのが几帳(きちょう)。
移動可能な室内障屏具のひとつ。
几帳は反物の幅(約一尺)で縫い合わされたもので、
縫い合わせる時に真中は縫わず、風穴をあけておき、そこから
外が見られるようになっていました。

西本願寺と源氏物語 065

源氏物語は、光源氏に関わる多くの登場人物の人生史が
仏教的な世界観の「宿世」として描かれています。


西本願寺と源氏物語 048


博物館を巡っていると、まさしく
自分が光源氏になって、御殿を巡っているかの様な感覚になります。

西本願寺と源氏物語 066

繊細な表情の人形さん。


西本願寺と源氏物語 036

十二単や女官の着物の艶やかな事。
そして、お坊様が着る法衣では、袈裟の細やかな所まで再現されています。

その他にも、襖絵や仏具や調度品に至るまで
伝統工芸の町、京都ならではの職人技が各所に見られます。

京都に観光で来られた時、源氏物語の世界が、4分の1スケールで見られる
風俗博物館はお勧め処です。

西本願寺と源氏物語 047

≪風俗博物館≫
○所  京都市下京区新花屋町通堀川東入る。井筒法衣店ビルの5階。
   西本願寺さんのすぐ近くです。
○ アクセス
  ・JR京都駅から徒歩15分
  ・JR京都駅前から市バス9系統で「西本願寺前」下車 徒歩3分
○ 開館時間 午前9時~午後5時まで
  休館日  日曜・祝日・お盆
  展示替期間(6月1日~30日、12月1日~1月6日)
  入館料 一般 500円/中学生・高校生・大学生 300円/小学生 200円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年7月11日
« 前の記事「ありがたい言葉が見えました。西本願寺。」へ
»次の記事「「いよいよ祇園祭」。京都駅も祇園祭り色の、おもてなし。」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
嵐山には、涼しい夜景が広がっています。
暑さも忘れる、舞妓さんの奉納舞踊。
祇園祭・後祭・大船鉾など10基堂々の巡行。
祇園祭。後祭・宵々山の夜。
新世界を歩く。
宵に浮かび上がる朱色の世界。伏見稲荷・本宮祭。
150年ぶりに復活する大船鉾の鉾建て。
鮮やかな朱色が映える。先祭・山鉾巡行。
こりゃ美味しい。京都に来たら、「京旅路」。
祇園囃子が聞こえます。宵々々山の夜。
祇園祭。長刀鉾からの眺め。
2014・祇園祭。山鉾が建ち始めました。
蘇る白鷲の美しさ。世界文化遺産・姫路城。
雨の日にもお勧め、智積院。
今夜は七夕。
7月の京都駅ビル・グラフィカルイルミネーションは祇園祭。
4分の1スケールで見る源氏物語の世界。
そうだ、萬福寺さんに行こう。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集