海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 気温35・3度。夏空眩しい祇園祭・後祭。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月25日

気温35・3度。夏空眩しい祇園祭・後祭。


メール プリント もっと見る

気温35・3度。夏空眩しい祇園祭・後祭。

24日は、祇園祭・後祭の山鉾巡行でした。
阪急電鉄の地下から上がると、四条河原町の交差点は大混雑。

後祭り・巡航2015。 004

祇園祭の花笠巡行の行列です。
花笠巡行は総勢千名からの華やかな行列。

山鉾巡行は、男性ばかりで行われますが、
花笠巡行は女性と子供さんが主役です。
花笠巡行は10:00に祇園石段下からスタートして
四条寺町ー寺町御池-河原町御池ー四条河原町ー八坂神社へと巡って行きます。

この日は10:00から始まる花傘巡行と、9.30から始まる後祭りの山鉾巡行が
ほぼ同時間帯に行われていますから、祇園祭一色の都大路でした。


後祭り・巡航2015。 002


四条を進む花笠巡行から離れて、河原町通りで山鉾巡行を待ちました。
後祭りの山鉾巡行は10基。

来ました。来ました。

北観音山。
総重量は9.27トン。

鉾の上には、眩しい夏の空。

後祭り・巡航2015。 015

山後部から垂れ下がる柳の枝は疫病除け。


後祭り・巡航2015。 020

後祭りのコースは前祭の逆コースです。
コースは、烏丸御池出発→御池通 →河原町通,→四条通り。

こちらは、南観音山。
南観音山も、後部には疫病除けの柳。

鉾が動く毎に、柳も揺れていました。

後祭り・巡航2015。 028


巡行応援の舞妓さん。


後祭り・巡航2015。 042

御池通りから河原町通りに、巡行のラストを務める
大船鉾が曲がって来ました。

後祭り・巡航2015。 038

夏空の河原町通りを進む大舟鉾。


後祭り・巡航2015。 062

大船鉾は、「出陣の鉾」「凱旋の鉾」と呼ばれています。


後祭り・巡航2015。 066


昨年150年ぶりに復活した大船鉾。
「凱旋の鉾」が河原町通りを進んで行きます。

コンコンチキチン コンチキチン 

いよいよ祇園祭と共に、京都の夏が始まりました。

後祭り・巡航2015。 084

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2015年7月25日
« 前の記事「四条通り、老舗の京人形店に見る祇園祭。」へ
»次の記事「暑中お見舞い申し上げます。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    嵐山には、涼しい夜景が広がっています。
    暑さも忘れる、舞妓さんの奉納舞踊。
    祇園祭・後祭・大船鉾など10基堂々の巡行。
    祇園祭。後祭・宵々山の夜。
    新世界を歩く。
    宵に浮かび上がる朱色の世界。伏見稲荷・本宮祭。
    150年ぶりに復活する大船鉾の鉾建て。
    鮮やかな朱色が映える。先祭・山鉾巡行。
    こりゃ美味しい。京都に来たら、「京旅路」。
    祇園囃子が聞こえます。宵々々山の夜。
    祇園祭。長刀鉾からの眺め。
    2014・祇園祭。山鉾が建ち始めました。
    蘇る白鷲の美しさ。世界文化遺産・姫路城。
    雨の日にもお勧め、智積院。
    今夜は七夕。
    7月の京都駅ビル・グラフィカルイルミネーションは祇園祭。
    4分の1スケールで見る源氏物語の世界。
    そうだ、萬福寺さんに行こう。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集