海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 竹と青もみじが美しい「松花堂庭園」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月26日

竹と青もみじが美しい「松花堂庭園」。


メール プリント もっと見る

竹と青もみじが美しい「松花堂庭園」。

京都府八幡市の松花堂庭園へと向かいました。
京都府八幡市は、大阪府との県境にも近く
木津川・宇治川・桂川の三川が合流し淀川となる位置にあります。
京阪電車の八幡市駅から南へ少し進むと、風流な木造の反橋(太鼓橋)が見えました。


IMG_6977

放生川に架かる「安居橋」(あんごばし)です。
風情ある橋を眺めながら、松花堂庭園へと向かいます。

IMG_6974


松花堂庭園へは、八幡市駅より車で約10分位の距離です。
松花堂庭園は、江戸時代の初期の寛永文化華やかなりし頃、
書画や茶の湯・和歌に秀でて、当時の文化人の中心として活躍していた
松花堂昭乗の趣味・嗜好を、現代に引き継いだ名園です。
庭園入場料は400円。


IMG_7030

竹林と青もみじが美しい庭園には、
茶室が点在し美術館もあり、食事処として吉兆さんもあります。

IMG_6981


松花堂と言いますと松花堂弁当が浮かんで来ますが
昭和の初め「松花堂」で茶事が催された時、吉兆さんが発案したお弁当で、
言わばここは、松花堂弁当発祥の地です。

IMG_6992

庭は、池泉回遊式日本庭園で約400種類の竹が生えている
石畳の道を巡って行きます。

IMG_6991

これは珍しい。。

亀甲竹ですね。

IMG_7024

風情ある垣根の風景。


IMG_7002

竹と青もみじが美しい、松花堂庭園。
もみじが色付く頃に、再び寄せて頂こうと思いました。

IMG_7006


《松花堂庭園》
〇 所   京都府八幡市八幡女郎花
〇 アクセス 京阪電鉄八幡市駅からバスで10分大芝・松花堂前下車。
〇 駐車場  有り
〇 庭園入場料 400円。  

詳しくは松花堂庭園・美術館HP
http://www.yawata-bunka.jp/syokado/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年8月26日
« 前の記事「おおっ!大人味。酒どころ伏見のかき氷。」へ
»次の記事「暑かった八月も後少しです。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏の花・百日紅と八坂の塔。
    嵯峨野の案山子さん。
    愛宕街道に灯る行灯の明かり。
    大沢池に燃え上がる嵯峨の送り火。
    精霊と夏を送る、五山の送り火は明日。
    台風11号は、大雨でした。
    雨でも美しかった。2014びわ湖大花火大会。
    幕末を感じる島原では、輪違屋さんの特別公開が行われています。
    七夕飾りと光の天の川。京の七夕・堀川会場。
    鴨川・京の七夕風景と、八月の駅ビル大階段。
    今日から八月。暑中お見舞い申し上げます。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集