海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 深い緑の中、日本の夜明け前を思う場所。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月 9日

深い緑の中、日本の夜明け前を思う場所。


メール プリント もっと見る

深い緑の中、日本の夜明け前を思う場所。

IMG_7178


小雨降る日の金戒光明寺。
金戒光明寺の塔頭寺院・西雲院で管理されている
会津藩士の墓地へと歩きました。

金戒光明寺から西雲院までは、長い石段を上り
墓地の中を進んで行きます。

IMG_7174

会津藩士の墓地には、日本の夜明け前に亡くなられた多くの方が眠られています。

会津藩と言いますと、金戒光明寺。
金戒光明寺が 大きな時代のうねりの中に 出て来たのは 幕末の頃でした。
江戸時代末期の文久2年(1862年)幕末の京都は 尊皇攘夷の風の中、
長州藩や土佐藩等の過激浪士が 天誅と称して過激な行為を繰り返していました。


IMG_7172


見かねた江戸幕府は、従来の京都所司代と京都町奉行に加え、新たに京都守護職を置きました。
役職には 会津藩主・松平容保(かたもり)が任命され約千名の藩士を率いて 
上洛し本陣としたのが金戒光明寺でした。
この時に、会津藩のお抱えとして新撰組も誕生しています。

IMG_7170


会津藩の着任当初は、統制のとれた動きで京の町の治安も回復しました。
下部組織の新撰組も、警察業務にあたり頑張っていました。
しかし時の流れは、幕府方になく情勢は悪化の一途を辿りました。
時は、池田屋事件・禁門の変を経て大政奉還のあと、
鳥羽伏見の戦いへと流れて行きました。
この戦いで、会津藩の多くの方が亡くなられています。


IMG_7171

 
会津藩士の墓地に来ました。

IMG_7387

西雲院で管理されている会津藩士の墓地では、文久2(1862)年から慶応3(1867)年の
5年間に亡くなられた237名と、鳥羽伏見で戦死した115名の慰霊碑など、352名が祀られています。
使役人の方や苗字のない方や女の人も、武士と同様に祀られています。

お墓に 慰霊の言葉がありました。

『幕末の京都は暗殺や強奪が日常化し、徳川幕府は ついに新しい職制を作り
京都の治安維持に当たらせることになった。
(中略)
会津藩の犠牲は大きく、藩士や仲間など戦死、戦病死する者が続出した。
その数は、文久二年から慶應三年までの六ヵ年に二百三十七霊をかぞえ、
鳥羽伏見の戦いの百十五霊を合祀した。・・・・・・以下 略 』

IMG_7385


お墓は、この日も綺麗に掃き清められていました。

左手に進むと、会津藩鳥羽伏見戦死者慰霊碑があります。
慰霊碑を囲むように飾られている写真は会津城の写真。

img_14...

日本の夜明け前、遥か遠く離れた京都の地で亡くなられた多くの魂に手向けられた 
故郷・会津城の写真。
深い緑の中、日本の夜明け前の時代を思いました。
金戒光明寺の塔頭寺院『西雲院』に眠る会津藩士のお墓でした。

《西雲院・会津藩士墓地》
〇京都市左京区黒谷町
〇金戒光明寺から徒歩10分。
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年9月 9日
« 前の記事「雨の日にも行きたい高桐院。」へ
»次の記事「萩の花が咲き始めています。常林寺。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    大きな楠木と青蓮院の秋。
    桂川から見る、夕陽の後に浮かぶ三日月。
    萩の花が見頃を迎えています。
    松尾から上桂、山沿いの道を歩く。
    天空に続く離宮。修学院離宮。
    日本庭園の美。桂離宮。
    真如堂の秋が、ゆっくりと始まっています。
    大原野・彼岸花の咲く季節。
    東寺の夜空に浮かぶ、スーパームーン。
    渡月橋で見る中秋の名月。
    初秋の法然院。
    「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」。
    「あをによし 奈良の都は咲く花の・・・」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集