海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 嵯峨野の案山子さんと寺院の言葉。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月24日

嵯峨野の案山子さんと寺院の言葉。


メール プリント もっと見る

嵯峨野の案山子さんと寺院の言葉。

この季節、嵯峨野には案山子さんが並んでいます。
ここは、酒米を作る田。

IMG_7923

案山子さん達は、鳥から稲を守っています。

IMG_7917

あぜ道を見ると、沢山の彼岸花。
彼岸花は不思議な花ですね。
この花は、彼岸の頃になると、土手からニョキニョキと生えて来ます。
ヒガンバナは縄文時代に稲作とともに渡来したそうで、以来・・人の手によってあぜ道に植えられて広がりました。
あぜに植えるとあぜの土が、しっかりと固まるそうです。
また球根には毒があり、小動物避けにもなると言われています。

秋の日、あぜ道を彩る様に咲く彼岸花。
暫くすると、全て散って見えなくなってしまいます。
それからは、花も葉もない時期が長く続く不思議な花です。

IMG_7910

嵯峨野からの帰り道、西京区・長恩寺さんの山門前には
ありがたい言葉が見えました。

「実るには 天地の恵み 人の精進」。

連休が終わり、九月も後半へと入って行きますね。


IMG_7928

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2015年9月24日
« 前の記事「カモメ舞う伊根湾。」へ
»次の記事「今夜は、スーパームーン。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    大きな楠木と青蓮院の秋。
    桂川から見る、夕陽の後に浮かぶ三日月。
    萩の花が見頃を迎えています。
    松尾から上桂、山沿いの道を歩く。
    天空に続く離宮。修学院離宮。
    日本庭園の美。桂離宮。
    真如堂の秋が、ゆっくりと始まっています。
    大原野・彼岸花の咲く季節。
    東寺の夜空に浮かぶ、スーパームーン。
    渡月橋で見る中秋の名月。
    初秋の法然院。
    「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」。
    「あをによし 奈良の都は咲く花の・・・」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集