海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > これがブラタモリでも紹介された御土居。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月26日

これがブラタモリでも紹介された御土居。


メール プリント もっと見る

これがブラタモリでも紹介された御土居。

秋晴れの日、御土居を見に行きました。
まずは、北区大宮土居町の御土居。

フェンスが張られて中には入れませんが、
御土居の大きさが伝わって来ます。


IMG_8797

御土居とは何なのでしょうか。
御土居は、今年の1月・NHK「ブラタモリ 京都」でも紹介されていました。

御土居とは、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が,長い戦乱で荒れ果てた
京都の都市改造の一環として外敵の来襲に備える防塁と,
鴨川の氾濫から市街を守る堤防として,天正19年(1591)に多くの経費と
労力を費やして築いた土塁です。

IMG_8801

それは、台形の土塁と堀からなり,その延長は22.5キロメートルに
及ぶそうで東は鴨川,北は鷹ヶ峯,西は紙屋川,南は九条あたりに
沿って築かれていました。
土塁の内側を洛中,外側を洛外と呼び,要所には七口を設け,
洛外との出入口でした。

今も残る名に、長坂口・鞍馬口・大原口・粟田口・伏見口・鳥羽口
丹波口などの地名はその名残りとの事です。

IMG_8798

その後、江戸時代になると天下太平の世が続き,外敵の脅威もなく
御土居は次第に無用の存在となり,堤防の役割を果たしていたものなどを
除いて次々と取り壊され,北辺を中心に僅かに名残をとどめるのみとなりました。

昭和5年(1930),市内に残る御土居のうち8箇所が,京都の沿革を知るうえに,
重要な遺構として「史跡」に指定,昭和40年(1965)にさらに
1箇所(北野天満宮境内)が追加され,現在9箇所が指定地となっています。


IMG_8803


続いて、ここから車で10分位走った所にある
鷹峯街道の和菓子屋・光悦堂さん。


IMG_8813


ここは御土居餅が名物。

IMG_8829


お店の前は御土居です。

IMG_8805


ここもフェンスで囲まれ鍵が掛かっていますが、
お店は、御土居の鍵の管理もされているそうで、
僕の名前と連絡先を記入して、フェンスの中に入れて頂く事が出来ました。

IMG_8811

階段を登って御土居へ。

御土居からは、紅葉が始まった山々が見えました。

IMG_8817

御土居から見えた、和菓子屋・光悦堂さん。
遠方の山は、比叡山。

IMG_8816


御土居を少し進んで、ススキの向こうに見える山は鷹峯の山。

丸い形は、花札ボウズ札の原型とも言われます。

IMG_8824

右手の建物奥に見えるのは、大文字の船形の山。

IMG_8819


帰ってから、光悦堂さんで買ってきた御土居餅を頂きました。(^.^)
お餅は、二度蒸しして ついたもち米に砂糖、塩、甘煮の赤えんどうを混ぜ、
細長くしたこし餡を包んで、きな粉をかけたお餅です。
豊臣秀吉が京の周囲に築造した御土居に因んで作られています。

御土居餅。とっても美味しいお餅でした。

IMG_8864


《今回行った御土居。》

〇 北区大宮土居町の御土居。
〇 鷹ヶ峯・北区旧土居町の御土居。

和菓子《光悦堂さん》

〇所      京都市北区鷹ヶ峯旧土居町1-203
〇御土居餅   1個 130円  賞味期限   当日限り
〇定休日    木曜日

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年10月26日
« 前の記事「英国湖水地方の秋景色。」へ
»次の記事「京の町に残る秀吉さんの遺構。北野天満宮の御土居。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    新大宮でちゃんぽん。
    もみじが色付き始めました。高桐院。
    つきはしわたる君に会いました。
    京の夜景を独り占め。青龍殿・大舞台。
    今熊野観音から東福寺への道。
    観音様と羅漢様が見る秋景色・赤山禅院。
    ありがたい言葉が見えました。地蔵寺。
    コスモスが満開。亀岡・夢コスモス園。
    梅田にカメラクリーニング。
    そうだ 鯖寿司、食べよう。
    秋を感じる神無月の詩仙堂。
    剣豪・宮本武蔵が歩いた、一乗寺・八大神社。
    可愛いお地蔵様が見つめる秋。一乗寺・圓光寺
    芭蕉さん蕪村さんの俳句を思う寺院。
    空がとても近くに感じられる、青龍殿の大舞台。
    今夜は皆既月食ですね。
    二つの窓。鷹ヶ峰・源光庵。
    一乗寺・小雨降る曼殊院の秋。
    静かな庭からは比叡山が見えました。正伝寺。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集