海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 嵐山とは何処?嵐山とはここ。。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月11日

嵐山とは何処?嵐山とはここ。。


嵐山とは何処?嵐山とはここ。。

早朝の嵐山。
朝晩の冷え込みで、日一日と紅葉が進んでいます。

IMG_9519


渡月橋から、渓谷沿いの道へ自転車を走らせます。
道は山沿いを進むと共に坂道が続きます。

IMG_9548

坂道を越えると、広がりのある岩場の所に出ます。
ここには大きな一本楓があります。

毎年見に来ている、大きな一本楓。

数年前までは見事な紅葉を見せてくれていました。
しかし、2013年九月に来た、
台風の水害で根元を痛められたのか、それ以来・・少し元気がありません。

IMG_9539

来た道を戻って対岸へ。

色付いた山々が朝の光に浮かび上がっています。

嵐山とは何処をさして嵐山なのかと、問われる事があります。
「嵐山」とは渡月橋を中心とした観光エリアの総称を指しています。
厳密な地名で言えば渡月橋の南岸が嵐山地区、北岸は嵯峨地区となります。

IMG_9564


嵐山の名の由来は諸説あり「日本書紀」に記載された
言葉から伝わって来ている説や、別の説では愛宕山から吹き下ろす
「愛宕おろし」に桜や紅葉が嵐のように散らされるところから、
嵐山と呼ばれる説もあります。


IMG_9570


嵐山の、春は桜。
秋の日には紅葉。

そうそう・・芭蕉さんは、梅雨から夏にかけての嵐山を

「六月や 峰に雲置く 嵐山」と詠まれました。

嵐山の紅葉。
いよいよ色付いて来ます。

IMG_9572

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2015年11月11日
« 前の記事「秋の日の図書館。」へ
»次の記事「京都祇園ギャラリー。美しい和硝子の世界。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
言葉が沁みる、知恩院・御廟の紅葉景色。
錦秋を映す水鏡の世界。大覚寺。
銀杏が見頃です。西本願寺。
心に響く紅葉景色。もみじ寺、赤山禅院。
嵐山は交通規制が行われています。
お地蔵様が見る錦秋景色。一乗寺・圓光寺
鷹ヶ峰・光悦寺。楓の回廊、いま見頃。
東寺の五重塔、金色の紅葉に包まれています。
高雄・神護寺。空海さんの見た紅葉景色。
二尊院。歌人が詠んだ紅葉景色。
「ゆっくりと歩きたい」嵯峨鳥居本の紅葉。
金閣寺。まぶたに焼きつける紅葉景色。
アートアクアリウム二条城・金魚の舞。
祇園白川、秋の日の舞妓さん。
吉野門と、常照寺色のもみじ。
南禅寺・天授庵。二つの庭。
真如堂の秋景色。
竹林と、もみじ美しい嵯峨野・直指庵。
今日から十一月。紅葉の月が始まります。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集