海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 紅葉に思う幕末の時。金戒光明寺。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月25日

紅葉に思う幕末の時。金戒光明寺。


メール プリント もっと見る

紅葉に思う幕末の時。金戒光明寺。

金戒光明寺さんの紅葉夜景。

金戒光明寺は、左京区黒谷町にあり、通称「くろ谷さん」と呼ばれるお寺です。
ここの紅葉は、京都でも指折りの紅葉処だと思うのですが、
京都が一番の紅葉時でもあまり混雑しません。
それは近くに南禅寺や永観堂、哲学の道から銀閣寺など・・
紅葉処が続いているからでしょうか、紅葉観光では穴場とも言えます。

だけど、歴史と紅葉を訪ねたい方なら
金戒光明寺の紅葉は一番のお勧めです。


IMG_0393

今は11月29日(日)まで夜間特別拝観が行われています。
名仏師・運慶の作と伝わる文殊菩薩像。

仕掛けのある「虎の襖絵」のほか、20年ぶりの公開となる
「俵藤太絵巻」などの寺宝が特別公開されています。


枯山水庭園「紫雲の庭」の紅葉も綺麗でした。

IMG_0399

そして、金戒光明寺と言いますと、幕末の時代に京の治安に勤めた
会津藩や新選組の事を思います。
寺院は、会津藩一千名の本陣でした。

遥か会津の地から京都に赴任して、懸命に努力したのに
時の流れは幕府側にはなく、報われなかった方々の思いも浮かんで来ます。

山手にある会津藩墓地には、1862年~1867年の六年間に
亡くなられた多くの方々が祀られています。

IMG_0417


石段から見る山門。
遠くに京都タワーが見えました。

晩秋の金戒光明寺。
色付いた紅葉に幕末の歴史を思います。

IMG_0403


《金戒光明寺》夜間特別拝観

〇期間    11月29日(日)まで
〇時間     17.30-20.30

〇拝観料     800円
〇アクセス   市バス5番「東天王町」下車、徒歩15分
        市バス100番「岡崎道」下車、徒歩10分
        地下鉄「蹴上駅」下車、徒歩30分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年11月25日
« 前の記事「錦秋景色広がる真如堂。」へ
»次の記事「11月末の高桐院。楓の庭。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    言葉が沁みる、知恩院・御廟の紅葉景色。
    錦秋を映す水鏡の世界。大覚寺。
    銀杏が見頃です。西本願寺。
    心に響く紅葉景色。もみじ寺、赤山禅院。
    嵐山は交通規制が行われています。
    お地蔵様が見る錦秋景色。一乗寺・圓光寺
    鷹ヶ峰・光悦寺。楓の回廊、いま見頃。
    東寺の五重塔、金色の紅葉に包まれています。
    高雄・神護寺。空海さんの見た紅葉景色。
    二尊院。歌人が詠んだ紅葉景色。
    「ゆっくりと歩きたい」嵯峨鳥居本の紅葉。
    金閣寺。まぶたに焼きつける紅葉景色。
    アートアクアリウム二条城・金魚の舞。
    祇園白川、秋の日の舞妓さん。
    吉野門と、常照寺色のもみじ。
    南禅寺・天授庵。二つの庭。
    真如堂の秋景色。
    竹林と、もみじ美しい嵯峨野・直指庵。
    今日から十一月。紅葉の月が始まります。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集