海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 11月末の高桐院。楓の庭。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月26日

11月末の高桐院。楓の庭。


11月末の高桐院。楓の庭。

十一月初めの頃は、晴れの日が続いていたのに
月の半ば頃から今日まで、曇りや雨の日が多くなっています。


連休後の高桐院。

真っ直ぐに伸びる参道も、晩秋の景色となっています。

IMG_0437


晴れていたら、もっと木々の彩りが映えるのにと・・・
思いますが、お天気だけは仕方がありませんね。

高桐院と言いますと戦国時代を生きた細川忠興と、
その妻ガラシャが眠る細川家の菩提寺。

IMG_0442

そして、高桐院の書院は、千利休の邸宅を移築したもの。

千利休は(1522年~1591年)、織田信長と豊臣秀吉に仕えて
信頼を得ますが、最後は秀吉の逆鱗に触れ、
切腹を命じられています。

IMG_0534

無駄な虚飾を避け、わびさびの世界を追求した利休と、
桃山文化に見られる絢爛豪華な世界を好んだ秀吉とでは、
相容れないものがあったのかも知れませんが、
改めて戦国の厳しさを思います。


IMG_0435


高桐院は京都観光の中でも人気の寺院で、年間約6万人が訪れる
参拝者の1/3が、11月の1ヶ月間に集中します。

先日の三連休にも沢山の人が参拝されたでしょうね。

IMG_0456


高桐院の紅葉の今は、見頃を迎えた楓が美しいです。

それと共に、地上に舞い落ちた
「散りもみじ」も美しいです。


IMG_0459


高桐院と言いますと、この景色。
楓の庭と石灯籠ですね。

IMG_0477


楓の庭に見える「散りもみじ」を見ていると、
作家・村上春樹さんが、かつてお話しされていた
カタルーニャでのスピーチを思い出します。


IMG_0481


言葉は・・・

「日本語には無常(mujo)という言葉があり、常なる状態は 
 一つとしてない世界観があります。
 この世に生まれたあらゆるものは、やがて消滅し全ては留まる事なく
 移って行きます。無常と言う言葉は、仏教から来ている世界観ですが、
 この「無常」という世界観は、日本人の精神性に強く焼き付けられ、
 古代から変わる事なく引き継がれて来ました。

IMG_0500

春の桜や夏の蛍、秋の紅葉等、命あるものは全てほんの僅かな
時間のうちに、その美しさを失って行きます。

日本人は、春になれば桜を、夏には蛍を、
秋になれば紅葉を愛でます。
  
 (中略)

それは桜も蛍も紅葉も、ほんの僅かな時間のうちに、その美しさを
失ってしまうからです。

IMG_0508

我々は、その一時の栄光を目撃するために、遠くまで足を運びます。
そしてそれらが、ただ美しいばかりでなく、目の前で儚く散り、
小さな灯りを失い、鮮やかな色を奪われて行く事を確認し、
むしろほっとするのです。」

IMG_0513

晩秋の高桐院。

IMG_0494


舞い落ちたもみじを見て、村上さんのお話しされていた

「日本人と無常」と言うお話を思いました。


IMG_0486


《高桐院》
◎所     京都市北区紫野大徳寺町73-1
◎アクセス  地下鉄北大路駅2番出口→徒歩15分。
       市バス1・205・206系統で5分、バス停:大徳寺前下車、徒歩5分。
◎拝観    9~16時 400円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年11月26日
« 前の記事「紅葉に思う幕末の時。金戒光明寺。」へ
»次の記事「素晴らしい名園。松花堂庭園の紅葉。」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
言葉が沁みる、知恩院・御廟の紅葉景色。
錦秋を映す水鏡の世界。大覚寺。
銀杏が見頃です。西本願寺。
心に響く紅葉景色。もみじ寺、赤山禅院。
嵐山は交通規制が行われています。
お地蔵様が見る錦秋景色。一乗寺・圓光寺
鷹ヶ峰・光悦寺。楓の回廊、いま見頃。
東寺の五重塔、金色の紅葉に包まれています。
高雄・神護寺。空海さんの見た紅葉景色。
二尊院。歌人が詠んだ紅葉景色。
「ゆっくりと歩きたい」嵯峨鳥居本の紅葉。
金閣寺。まぶたに焼きつける紅葉景色。
アートアクアリウム二条城・金魚の舞。
祇園白川、秋の日の舞妓さん。
吉野門と、常照寺色のもみじ。
南禅寺・天授庵。二つの庭。
真如堂の秋景色。
竹林と、もみじ美しい嵯峨野・直指庵。
今日から十一月。紅葉の月が始まります。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集