海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 春を呼ぶ振袖模様。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年1月 5日

春を呼ぶ振袖模様。


メール プリント もっと見る

春を呼ぶ振袖模様。

歩道拡張工事も終わった四条通り。
今日も沢山の人で賑わっています。
IMG_1412

四条通りに面した高島屋さんのショーウィンドゥ。
ここでは季節毎の、いろんな展示が楽しみです。

今は、美しい振袖が展示されています。

IMG_1411


展示されている振袖は、高島屋のオリジナル振袖。
色も柄も素晴らしいです。

春を呼ぶ振袖。
赤の地色に枝垂れ桜と七宝割り付け。

IMG_1406


続いて紺色の地に牡丹。

IMG_1409

こちらは横かすみに、四季の花の丸。

IMG_1407

正面玄関を入った一階ロビーにも
着物が展示されています。


IMG_1418


豪華な訪問着は、螺鈿(らでん)の訪問着。

螺鈿とは・・・貝殻の真珠色に光る部分を磨いて薄片にし、
漆器や伝統工芸品に装飾する技法で
正倉院の宝物等にも見られます。

春を感じる高島屋さんのショ―ウィンドウとロビーでした。


IMG_1403

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2016年1月 5日
« 前の記事「50回目を迎えた「冬の京都の旅」のお知らせ。」へ
»次の記事「一月の嵐山・時雨殿。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    酒蔵の町、伏見を歩く。
    坂本龍馬が歩いた町。伏見。
    冬の建仁寺・芸術の世界が広がっています。
    琵琶湖周航の歌と長命寺の雪景色。
    びわ湖、港とネコの景色。
    菜の花と比良の慕雪。
    坂本龍馬が歩いた町。木屋町。
    平安時代が蘇る、歴史ジオラマの世界。
    雅なジオラマで見る、曲水の宴。
    祇園町、芸妓さん舞妓さんの新年挨拶まわり。
    雪の日、竹林の小路を歩く。
    雪景色の天龍寺。
    凛とした白い世界。高桐院。
    雪の嵐山は、ゆっくりゆっくりと。
    新年明けましておめでとうございます。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集