海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 北野天満宮から上七軒そして千本釈迦堂への散策。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年2月 7日

北野天満宮から上七軒そして千本釈迦堂への散策。


メール プリント もっと見る

北野天満宮から上七軒そして千本釈迦堂への散策。

北野天満宮から上七軒・・千本釈迦堂へと歩きました。
前回、北野天満宮にお参りしたのは一月末。


IMG_2109

あれから節分・立春と過ぎて、この日は二月七日。
境内の梅は、随分と咲いて来ました。

IMG_2112

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春を忘るな」。

梅は季節を忘れることなく、春の日に向かって次々と開花しています。


IMG_2094


北野天満宮から上七軒の町へと歩きます。
京都には、五つの花街があります。(上七軒・祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町)
その中で上七軒は、一番古くからある花街です。


IMG_2082


上七軒の始まりは、室町時代、北野天満宮が火事にみまわれ、
その修復作業の際に残った材木を譲り受け、七軒のお茶屋を建てたことが
始まりで、当時は、七軒茶屋と呼ばれていたそうです。

以来、北野天満宮の門前茶屋として栄えて来ています。
作家、水上勉さんは、上七軒の一室を書斎にされ
「雁の死」「西陣の蝶」「五番町 夕霧楼」「金閣寺炎上」等を執筆されています。


IMG_2086

上七軒から少し歩くと千本釈迦堂。
おかめさんの像が見えました。

IMG_2076

ここには、来月末から四月にかけて見事な
「阿亀桜(おかめざくら)」が咲きます。

今、おかめ桜は、桜の木の中で、咲く時に向けて準備中です。(^^)

IMG_2078


二月七日の北野天満宮から、上七軒そして千本釈迦堂の景色でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2016年2月 7日
« 前の記事「4分の1スケールで見る源氏物語の世界。」へ
»次の記事「苔寺・鈴虫寺からも近い、手打ち蕎麦の店「真心」。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    春を呼ぶ北野天満宮・梅花祭。
    森の精が舞い降りた人形の世界。
    梅宮大社の梅も、咲き始めて来ました。
    古き英国の田舎を感じる村。
    雪帽子の羅漢様。愛宕念仏寺。
    京都駅ビル大階段は「バレンタインバージョン」。
    東風吹かば。。北野天満宮の梅。
    龍馬坂から維新の道を歩く。
    雪と灯りの世界。美山茅葺の里「雪灯廊」。
    二月は梅見月。ありがたい言葉が見えました。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集