海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > ガラシャさんを偲ぶ勝竜寺城。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年2月13日

ガラシャさんを偲ぶ勝竜寺城。


メール プリント もっと見る

ガラシャさんを偲ぶ勝竜寺城。

青空広がる勝竜寺城。
ここは、JR長岡京駅からも近く、
明智光秀の娘・玉(細川ガラシャ)と細川忠興が新婚生活を送った事でも有名な城。


IMG_2164


現在、勝竜寺城公園は綺麗に整備され、
無料で城内や資料館を見学することができます。

屏風絵は、玉お輿入れの様子。


IMG_2145


公園内には二人の銅像が建てられています。


IMG_2151


img_1.jpg66999

戦国時代、勝竜寺城のある長岡天神辺りは、京都防衛の拠点として
重要視されていました。

IMG_2166


戦国時代を生きた、ガラシャさん。

辞世の句は「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ 」。。

亡くなられて416年の時が過ぎています。
もうすぐ、庭園の梅が咲きそうです。

IMG_2142


《勝竜寺城》
〇 所     京都府長岡京市勝竜寺13-1
〇 お休み   毎週火曜
〇 料金    無料
〇 アクセス JR京都線「長岡京駅」から南へ徒歩10分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2016年2月13日
« 前の記事「春は名のみの 風の寒さや~青空広がる地蔵寺。」へ
»次の記事「春を呼ぶ雛人形巡り。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「周山街道」雪化粧した北山杉が綺麗です
    新年明けましておめでとうございます
    京都の花暦を追いかけて
    初冬の風物詩「広沢池・鯉揚げ風景」
    Xmasイブ
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    春を呼ぶ北野天満宮・梅花祭。
    森の精が舞い降りた人形の世界。
    梅宮大社の梅も、咲き始めて来ました。
    古き英国の田舎を感じる村。
    雪帽子の羅漢様。愛宕念仏寺。
    京都駅ビル大階段は「バレンタインバージョン」。
    東風吹かば。。北野天満宮の梅。
    龍馬坂から維新の道を歩く。
    雪と灯りの世界。美山茅葺の里「雪灯廊」。
    二月は梅見月。ありがたい言葉が見えました。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集